コスパの良さでシェア拡大中の店舗BGMアプリ

Image of The Twelve Love / Kick a Show

The Twelve Love / Kick a Show

テン年代のクラブ・フロアから生まれたバウンス型シティ・ポップ。 これが俺たちのスタンダード・メロディー! 今、注目度No.1の若手シンガー、いよいよデビュー! ! 2017年6月7日に発売されたMONDO GROSSOの14年ぶりのニューアルバム『何度でも新しく生まれる』に収録された「SEE YOU AGAIN」にゲスト・ヴォーカリストとして参加し、同年のFUJI ROCK FESTIVALではMONDO GROSSOのステージにて共演。「SEE YOU AGAIN」、そして大沢伸一名義で発表したかつての名曲「OUR SONG](オリジナルはHi-STANDARDの難波章浩が歌唱)を熱唱し、音楽ファンの間で話題になっていたシンガー、Kick a Showがついにそのベールを脱ぐ! すでにクラブフロアではアンセム化している「友達以上恋人未満」、トロピカル・ハウスの流れを汲み、Caryn10&REVERBQUEENとともにフロアを盛り上げるパーティー・バンガー「Buchiagalit」などが聴きどころ。 ほぼ全曲のプロデュースを手掛けるのはZEN LA ROCKやMAGiC BOYZなど幅広く手掛ける気鋭のコンポ―ザー、Sam Is Ohm。加えて、seihoとの活動などでも知られるOkadadaがプロデューサーとして参加。ほか、 兼ねてから共演を経てきたZEN-LA-ROCKにG.RINA、そして、日本を代表するラッパーとして幅広く活躍する田我流らが参加。また、渋谷を中心にストリートを騒がせるヒップホップ・クルー、YENTOWNのメンバーとしても活動しているアイコニックなDJ、MARZYが<Caryn10(カリントウ)>名義でシンガーとして参加。さらに、宮本彩菜とのユニット、Piecesとしての活動やモデル業などでも若者の支持を集めるLISACHRISが<REVERBQUEEN>名義で歌手としては初参加を果たすほか、FAKETYPE.としても活躍していた実力派MCのAOも参加。

アプリダウンロード