Image of Can’t Kill A Dame With Soul / Kinny

Can’t Kill A Dame With Soul / Kinny

2009年にクァンティック、ノスタルジア77などのバックアップをうけデビューした、キニーの2枚目のソロ・アルバム!今作では、前作でもフィーチャーされたノルウェーのプロデューサー兼ミュージシャ ン・デュオ、ソウルドロップによるプロデュースにより、腰にくるヘヴィーなベースとビート、温かみのあるアコーステック楽器やパーカッションなど様々な音が散りばめられ、ソウルフルかつ、グルーヴィーなサウンド・スケープがきらびやかで鋭いキニーの声にぴったりと寄り添っている(更に 今作ではヒップホップの要素も多く取り入れている)。人として女性としてヴォーカストとして、葛藤しながらも力強く感情に訴えかけてくる彼女の唄声こそがソウルそのものである。

S