今すぐカンタンに始められる店舗BGMアプリ

Flashing Magic / ムーズムズ

"森雄大(neco眠る)+石井モタコ(オシリペンペンズ)+DODDODOによる「こんがりおんがく」最新リリースは、京都のバンド、「ムーズムズ」結成10年目にして初のアルバム。



京都シーンの中心軸とは少し外れた位置をたゆたいながら繋がりながら、しっかりと地に足をつけた活動を経て磨き上げられた確かなポップセンス、演奏力。ヒップホップの独自解釈的ボーカル、圧倒的に耳に残るキーボードの反復フレーズ、独特のモタリを携えたリズムの表現力。聴き手を選ばない普遍的なポップミュージックとしての完成度。ダンスミュージックとしての強度もしっかりと搭載。



いわゆる「京都的」な文脈、または関西アンダーグラウンドの流れも感じさせながら、neco眠るやカクバリズム周辺、また近年盛り上がる東京インディシーンとも確かに共振するミッシングリンク的な音楽。



メンバーはそれぞれソロや膨大な数のサポート、落語家としても活動しており、ドラマーの渡辺智之は、映像作家の坂本渉太が在籍し、

neco眠るに多大な影響を与えた京都の伝説のバンド、「トリオ・ロス・ヘグシオ」のドラマーでもあった。