「笑顔が集まるお店の作り方」店舗運営 情報マガジン Powered by モンスター・チャンネル

ホテルや旅館のBGMがもたらす、イメージやリラックス効果とは? 

ホテルでは、さまざまなシーンでBGMが導入されています。たとえばロビー、ラウンジ、エレベーター、廊下ではそれぞれ異なるBGMを使用しているというホテルもあるのではないでしょうか。しかし、どのシーンでどのBGMを流すべきか、コストを抑えるためにはどうすべきかなど頭を悩ます経営者やスタッフも多いでしょう。また、旅館でのBGMも和を基調とした館内でどのようなBGMを流すべきか迷うケースがあるはずです。

今回はホテルや旅館におけるBGMの重要性や選び方、おすすめのBGMアプリについて紹介します。BGM導入の悩みの解決に役立ててみてください。

ホテルや旅館でBGMを流す理由とは

ホテルや旅館の雰囲気にあったBGMを流すことで、よりお客さんに快適な空間を提供することができます。

例えばロビーでゆったりとしたBGMを流すと、待っているお客さんはリラックスし、快適な時間を過ごすことができます。しかし、反対にホテルや旅館の雰囲気に合わないBGMを流してしまうとお客さんは違和感を覚え、ホテルや旅館のイメージダウンにつながったり、コンセプトを崩してしまったりする可能性があります。

このように、お客さんにより快適な空間を提供することができるBGMですが注意深く設定を行う必要があるでしょう。

コンセプトに合わせたBGMを選ぶならモンスター・チャンネル

前述したように、雰囲気に合わないBGMを流すことでイメージダウンにつながる恐れがあります。そのため、ホテルや旅館の雰囲気を保つためには、それぞれのコンセプトに合ったBGMを流す必要があります。実際にそれぞれのコンセプトにあったBGMを紹介していきます。

南国系のホテルなら「ボサノバ」

南国系のホテルであれば、ボサノバやハワイアンミュージックがおススメです。

ボサノバはブラジルで生まれた音楽で、サンバと同じく2ビートから生まれた背景があります。軽快なリズムと優しいハーモニーが特徴的で、リラックスした気持ちになれるうえに南国感も感じられるでしょう。

ハワイアンミュージックは名前の通り、ハワイを演出してくれる音楽です。スローからミディアムテンポの楽曲でウクレレとの相乗効果もあって、癒しや優しさを感じられます。ハワイ特有の南国感を演出できるため、南国系のホテルに合うでしょう。

高級感を出したいホテルなら「クラシック」や「ジャズ」

高級感を出したいホテルであれば、クラシックやジャズがおススメです。

クラシック音楽とはヨーロッパを中心とした西洋音楽を指し、バッハやモーツァルト、ベートーヴェンなどの音楽家が有名です。クラシック音楽は聴いているときの心地よさに、癒し効果があるとされています。また、壮大感や繊細さとの表現は、クラシック特有の高級感でホテルを演出できるでしょう。

ジャズの発祥地はアメリカと言われており、一般的にはジャンルというよりも演奏方法とに捉えられます。ジャズの大きな特徴はリズムにあり、楽器それぞれが個性を発揮しています。その独特な音楽に魅了される大人も多く、心地良いリズムでホテルに高級感を演出させることができるでしょう。

旅館なら「和楽器」

旅館なら和を感じさせる和楽器、ししおどしの音などのBGMジャンルがおすすめです。ししおどしとは日本庭園でよく見かけるもので、水の流れる音と共に、時々「コーン」と音が響くことが特徴的なものです。和楽器には三線や尺八、三味線や和太鼓などが挙げられ、これらは古くから日本で演奏されてきた伝統的な楽器です。叩く、弾く、吹くといった特徴的な力強い音が印象的であり、特有のかすれや揺らぎもあり、旅館と調和した和の雰囲気を演出することができます。

ホテルや旅館のBGM選びで注意したい点

ここまで、BGMを流すことでさまざまな雰囲気づくりの手助けとなることを紹介しました。続いては、BGMを選ぶ際の注意点について紹介していきます。

場所・時間・季節ごとにBGMを選ぶ

ホテルにはさまざまな施設が備わっています。それぞれの場所に合わせたBGMに変えるだけで、お客さんに異なる印象を与えることができます。特にロビーやラウンジはホテルの顔とも言える場所であり、最も強い印象を残すため、ロビーやラウンジで流すBGMの選定はより重要と言えます。

ほかにも、ホテルや旅館は季節や時間帯によっても雰囲気が変わるでしょう。雰囲気・季節・時間に合わせて適宜BGMを調整することで、より快適な空間を創り上げることができます。

コンセプトに合っているか注意

BGM選びにおいて心掛けたいのは、ホテルや旅館のコンセプトに合わせて選曲することです。

コンセプトに合わない選曲では違和感がありますし、今までに積み上げてきたホテルのイメージを壊してしまう可能性もあります。BGMの目的は「雰囲気をより良くする」「リラックスしていただく」ことです。自分たちのホテルや旅館に合ったBGMはどのようなイメージなのか、スタッフ間で話し合ったり、認識をすり合わせたりする場を設けてもよいでしょう。

著作権違反をしてしまうと処罰の対象に

ホテルや旅館でBGMを流す際は、著作権違反についても注意をする必要があります。違反すると様々な処罰の対象となってしまいます。

例えばYouTubeで配信されている音楽の中には、権利者に無断でアップロードされているものがあります。違法にアップロードされている音楽をダウンロードしてホテルで流した場合、ダウンロードした時点で、著作権違法で罰則対象となります。*

*【2年以下の懲役若しくは200万円以下の罰金、またはその両方(著作権法第120条の2)】

また、購入したCDを施設で流す場合もJASRAC(日本音楽著作権協会)へ手続きする必要があります。手続きを済ませずに音楽を流すと、著作権違反の対象となる可能性があるため注意が必要です。

ホテルや旅館でBGMを利用するならモンスター・チャンネル

著作権管理を意識すると、楽曲の用意に申請や料金の支払いなどの手間がかかります。

しかし、店舗BGMなら簡単に導入することが可能です。そこでおススメしたいのが、店舗BGMアプリ「モンスター・チャンネル」です。モンスター・チャンネルの特徴について紹介します。

導入コストが安く済む

モンスター・チャンネルは従来の有線放送に比べて初期費用・月額料金などが安く済み、コストで悩んでいる経営者にもおすすめのサービスです。また、著作権管理についてもモンスター・チャンネルがJASRACに申請済みのため、著作権管理に必要な手続きや時間を必要としません。アプリのダウンロード後、すぐに利用を開始できるため、利用者が増えています。

アプリで時間ごとにホテル内のBGMを管理可能

モンスター・チャンネルのアプリで、「再生スケジュール機能」を活用すると、曜日や時間帯別にBGMのスケジュールを設定することができます。スケジュール設定に手間をかけたくない人は、

・雰囲気

・歌の有無

・時間

を設定することで利用できる「かんたんスケジュール機能」がおすすめです。手間をかけずに1日の流すBGMを簡単に設定できます。

ホテルや旅館の雰囲気づくりには適切なBGMを

ホテルや旅館の雰囲気やイメージを保つ・向上させる上で適切なBGMを流すことは欠かせない要素の1つです。

しかし著作権の問題もあるため、思うように音楽を流せずに悩んでいる方もいるでしょう。その点、モンスター・チャンネルは著作権を気にする必要はないですし、曲数も500万曲と豊富です。ホテルのBGMで悩んでいる人は、モンスター・チャンネルを導入してみてはいかがでしょうか。