OMISE Lab > 開業 >

カフェ開業に調理師免許は必要?飲食店経営のために必要な資格

shadow
Pocket

おしゃれなカフェめぐりや料理が好きな人なら、「いつか自分のカフェを開きたい!」なんて夢を抱くこともあるでしょう。

中には、「カフェを開きたいから、調理師免許をとらなきゃ!」と、資格取得を目指して勉強を始めようとしている人もいるのでは?

でも、ちょっと待ってください。実は、カフェを開業するために必要な資格は、調理師免許ではないんです。

カフェ開業に必要な資格は「食品衛生責任者」と「防火管理者」

食品衛生責任者

カフェ開業

カフェを開くために、まずとっておくべき資格は食品衛生責任者です。

飲食店・食品販売店では必ず1名以上の資格取得者をおくことを定められており、これは各地域の保健所で講習とテストを受けることにより、資格を取得することができます。

講習は1日で修了し、費用は10,000円程度。テストがありますが、きちんと受講していればほぼ確実に受かることがほとんどのようです。

講習は定期的に開講されているので、受講したい場合は保健所のホームページなどでチェックしてみましょう。また、調理師や栄養士などの免許を持っている場合は、この講習が免除されることもあるようです。

この資格は飲食店だけでなく、「雑貨屋で手作りのお菓子も販売したい!」などというときにも必要になります。

防火管理者

カフェ開業

店内の収容人数が30人を越える場合は、防火管理者が必要となります。各地域の消防署の講習を受講することで取得できます。店舗の規模によって、甲種と乙種どちらの講習を受けるか変わってくるので、問い合わせて確認しましょう。
講習は1〜2日で修了し、費用は3,000円〜5,000円程度となっています。

食事メインのカフェの場合は調理師免許も必要?

カフェ開業

基本的に、調理師免許を持っていないとできないことはほとんどありません。都道府県によっては、ふぐ調理師の資格を取得するときに、調理師免許が必要になることがあるようですが、多くの飲食店経営では取得していなくても困ることはありません。

しかし、調理師免許を取得することによって、0-157などの食中毒の予防知識や、専門的な料理の知識を学ぶことができます。また、調理師が作っているメニューということで、お客さんに安心感を持ってもらうこともできます。

そのため、食事メインのカフェを開こうと思っている場合は、調理師免許をとっておいても損はないでしょう。

調理師免許を持っている場合は、食品衛生責任者の講習が免除、または申請のみでOKとなることがほとんどのようです。

その他、各種申請

カフェ開業

資格ではありませんが、カフェ開業時には以下の申請が必要になります。

食品営業許可申請

開業する地区の保健所に事前相談したのち、申請手続きを行います。このとき、営業設備の配置図・大要(2通)、食品衛生責任者資格証明書、水質検査成績証明書(コピー)と、申請手数料を提出します。

提出後に保健所の担当職員が来て、店舗の状態をチェックし、問題がある場合のみ再検査となります。

深夜酒類提供飲食店営業届(深夜にバー営業する場合のみ)

深夜0時から日の出までの時間で、お酒を提供したい場合は個別に届け出が必要になります。これは居酒屋やバーなど、お酒をメインに提供する店舗のみに適用され、レストランやラーメン店など食事がメインの店舗の場合は対象外となっています。

店内の詳細図面や求積図など、自力で作成するのは困難な提出資料が多いため、専門家に依頼して作成してもらうことをおすすめします。

「必ず必要」ではないけれど、大切な知識が学べる!調理師免許

カフェをオープンさせるために調理師免許をとらなくては、と思っていた人も、カフェの提供内容によっては必ずとったほうがよいという資格でもありません。調理師は技術的なことを問う資格ではないので、調理師だからと言って味の保証ができるとも限りません。

ただし、調理に関する大切な知識はすべて学べるため、時間と金銭的に余裕のある場合は勉強してみることをおすすめします。

資格や知識、サービスを利用して”あなただけの”カフェを経営しよう!

調理師免許以外にも、最近はコーヒーマスターやローフードマスター、野菜ソムリエなど食に関する資格も増えてきています。こうした資格や知識を活かすことで、理想のカフェ開業、経営に近づくはずです。

また、カフェ開業の際には内装やBGMにもこだわりたいところ。特に「好きな音楽を流して、自分好みのカフェを作りたい」という方は多いかと思いますが、ほとんどの音楽は店舗BGMに使用する際、著作権使用料を支払う義務が発生します

モンスター・ラボの音楽配信サービス「モンスター・チャンネル」は、業界最多の約500万曲、1300超えの音楽チャンネルから好きなBGMを選べるうえ、著作権使用料を各店舗に代わって支払っているため、コストの面でも大きなメリットがあります。

こうしたサービスも賢く利用して、魅力あるカフェをオープンしてくださいね!

モンスター・チャンネル

エステサロン経営の皆様へ まだCDなんですか?
Pocket

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です