「笑顔が集まるお店の作り方」店舗運営 情報マガジン Powered by モンスター・チャンネル

パン屋の売り上げを伸ばすBGMの効果とは?おすすめ音楽ジャンルも紹介!

美味しそうなパンを前に、どれにしようか悩む時間は至福のときではないでしょうか。

そんなパン屋で流れるBGMは、お客さまの気持ちに寄り添った選曲をしたいものです。今回は、パン屋に訪れたお客さまがゆったりと、心地よく過ごすことができるようなBGMをご紹介します。

パン屋でBGMを流すメリット

パン屋などの店舗では、お客さまの購買意欲を高めるための雰囲気作りが大切だと考えられています。

そこで、お店の雰囲気を印象付けるのにおススメなのがBGMの導入です。では、実際にどのような効果が期待できるのかみていきましょう。

お客様の滞在時間が伸びる

心理学では、BGMは人の行動に影響を与えるといわれています。実際におこなわれた実験で、お客さまの好みのBGMが流れているときのほうが、購買金額が上がったという結果があります。

滞在時間が長ければ商品を目にする時間も長くなり、来店時に買う予定のなかった商品も購入してもらえる可能性が高くなります。また、定期的に焼き立てのパンが陳列されるのを見る機会も増えるため、「焼きたてのパンを食べたい」と購買意欲が高まるでしょう。

店舗BGMでお客さまの満足度がアップすることも

BGMはお客さまの購買金額を上げるだけではなく、店舗の評価にも影響を与える可能性があることがわかっています。実際にレストランでおこなわれた実験では、好みのBGMが流れていると、店舗に対する満足度が高くなったという結果がでました。
(参考元:なぜ、お店で音楽を流すのか −BGMがビジネスに与える効果とは−

ほかにも、また来たいと感じたり、店舗を友人にも勧めたいと思ったりなどのお店にとってプラスの効果があることがわかりました。

パン屋で流すBGMジャンルの選び方

パン屋でBGMを流すときは、お客さまにどんな行動を取ってもらいたいか具体的に考えることが大切です。ここではBGMの選び方について紹介していきます。

テンポの速いBGMでお客さまの移動速度をコントロール

スーパーマーケットやレストランでおこなわれた実験で、BGMがお客さまの行動速度に影響があることがわかりました。テンポの速いBGMを流すとお客さまの足取りも速く、遅いBGMでは移動がゆっくりになるという結果がでています。
(参考元:なぜ、お店で音楽を流すのか −BGMがビジネスに与える効果とは−

お客さまが多く訪れ、混み合う時間帯にテンポの速いBGMを流すことで、混雑回避を狙うことができ、お客さまの店内での移動速度を上げ、短い時間でより多くの商品を見てもらいやすくなります。

テンポの遅いBGMで滞在時間を延ばす

お客さまに長くお店に滞在してもらいたいときや多くの商品を購入してもらいたいときは、テンポの遅いBGMが適しています。

スーパーマーケットでおこなわれた実験では、テンポの遅いBGMを流すと足取りも遅くなり、購買件数が30~40%増加したという研究結果があります。
(参考元:なぜ、お店で音楽を流すのか −BGMがビジネスに与える効果とは−

お客さまに店内をゆっくり見てもらうことで、ひとつひとつの商品を観覧する時間が長くなります。そのため、普段は見逃してしまうような商品も目に止まりやすく、購入してもらえる可能性が高くなります。

また、タイミングを見計らって焼きたてのパンを陳列するなど、お客さまの購買意欲を高める行動を行なっていくことも重要です。

パン屋でおすすめのBGMジャンルを紹介

BGMのジャンルやテンポによって、お客さまの感情やお店での行動に影響することが、心理学の実験で証明されています。しかし、お客さまが好ましく感じるBGMとはどんなものでしょうか。売り上げアップにつながるため、BGMの選曲には気をつけたいものです。

そこで、ここからは店舗BGMアプリ「モンスター・チャンネル」で配信されている楽曲の中からパン屋にピッタリのおすすめBGMを紹介します。

忙しい朝の時間は爽やかな「モーニング・タイム」チャンネル

朝は朝食やランチタイムに備えて、仕事や学校の前、休憩時間を利用してお客さまがパン屋に立ち寄ります。そんな、忙しい朝には爽やかなBGMがピッタリです。お客さまに居心地のよい空間を提供できるだけでなく、落ち着いて買い物をしてもらい、満足度向上につなげられます。

爽やかなBGMならモンスター・チャンネルの「モーニング・タイム」チャンネルがおすすめです。500万曲から厳選された、朝に適したBGMを探す手間なく店舗で流すことができます。

ランチにぴったりの明るくテンポの良い「ランチタイムミュージック」チャンネル

ランチタイムのようにお客さまが多く訪れる時間帯には、テンポの速いBGMがおすすめです。テンポの速いBGMを流すことで、お客さまにスムーズに買い物をしてもらい、お店の回転率を上げることができます。

ランチタイムにおすすめのチャンネルは「ランチタイムミュージック」です。

ランチタイムミュージックには、ランチタイムに花を添える明るくテンポの良いポップスを中心にセレクトされています。そのため、楽しい空間を演出しながらお客さまに快適に過ごしてもらい回転率も高めることができます。

パン屋でBGMを流す際の注意点

パン屋でBGMを流すことで、お客さまの購買単価アップ、満足度の上昇など両方にメリットがあります。すぐにでもBGMを導入したくなりますが、選曲以外にも注意すべきポイントとして著作権管理があります。

音楽には著作権があり、個人で音楽を楽しむ分には心配はありませんが、パン屋でBGMを流す場合は営利目的での商用利用と判断されるため、BGM導入の際には必ず著作権について学ぶ必要があります。

著作権管理事業者などへ申請・支払いしなければならない

音楽を営利目的で商用利用する場合は、著作権管理事業者などへ利用申請・支払いが必要です。そのため、無許諾で音楽をBGMとして使用した場合は、著作権侵害にあたります。

著作権侵害と判決が下ると、最大で10年以下の懲役又は1000万円以下の罰金が課せられます。パン屋でBGMを流す行為は商用利用にあたるため、音楽の無断使用は処罰の対象となります。

店舗BGMに個人向け配信サービスの音楽は使えない

Apple MusicやSpotify、LINE MUSICなどの個人向けの音楽ストリーミングサービスで、購入・定額利用している音楽も商用利用はできません。

「お金を払っているのにダメなの?」と感じるかもしれませんが、各社の利用規約を見てみると、どこも「個人での利用であること」「非営利目的での利用であること」と記載されています。

音楽ストリーミングサービスでは商用利用が認められていないため、音楽を店舗で流すことは著作権侵害です。同様にU-NEXTやNetflixなどの動画配信サービスも、映像や音源を営利目的で流すことは禁止されているため、注意が必要です。

パン屋で著作権を気にせずBGMを流すならモンスター・チャンネル

音楽には著作権があり、許可なしに流すことは禁止されています。商用利用が認められている、著作権フリーのBGMであれば問題はありませんが、楽曲ごとに利用規約が設けられているため、導入までに時間と手間が掛かります。

そんなときには、著作権処理済みのBGMを配信している音楽サービス「モンスター・チャンネル」の利用がおすすめです。月額2,068円(税込み)で、BGMを導入することができます。

著作権処理が済んでいるからストレスフリーにBGMを導入できる

モンスター・チャンネルはJASARACと契約しているため面倒な利用申請や支払いの手間がかかりません。配信されている500万曲は、すべて著作権処理済みで商用利用が可能です。

また、モンスター・チャンネルとJASARACの契約には、JASRACが管理する楽曲を商用利用するための手続きが含まれています。そのため、モンスター・チャンネルの利用以外にも、JASARACで処理された市販CDやインターネットラジオradikoも利用できます。

複数アカウントを契約すると全アカウント10%割引!店舗利用に特化したサービスだから使いやすい

モンスター・チャンネルは初期費用0円、手元の端末ですぐに利用できます。利用料金は月額最大2,068円(税込み)で、500万曲を自由に活用でき、お店に適したBGMの導入が可能です。もちろん著作権管理の心配は要りません。

また、複数のアカウントを契約すると、全アカウントの料金が10%引きで利用できます。

複数の店舗を展開していたり、多店舗出店の予定があったりする場合は、毎月お得に利用できるため、ランニングコストも抑えられます。

パン屋にぴったりなBGMを見つけよう

パン屋にBGMを導入することで、お客さま満足度の向上、売上アップが期待できます。

BGM導入の際には著作権に注意が必要ですが、著作権処理済みの音楽サービスを利用すれば、気にする必要はありません。

また、パン屋でBGMを流すならモンスター・チャンネルの利用をご検討ください。500万曲ある音楽の中から時間帯や天候、お店のお客さまにピッタリ合ったBGMをかけられます。14日間の無料体験期間も用意されているため、BGMの導入を検討中であれば、ぜひお試しください。