「笑顔が集まるお店の作り方」店舗運営 情報マガジン Powered by モンスター・チャンネル

バーの雰囲気を決めるBGMは?おすすめのジャンルをご紹介

ふと訪れたバーで、「雰囲気の良いお店だな」と感じた経験はありませんか?

お酒や料理、店内のインテリアはもちろんですが、流れる音楽もバーの雰囲気作りには重要な要素です。

自身の経営するバーでも、お客さまに居心地の良さを感じてほしいと思う方は多いでしょう。

そこで今回は、バーの雰囲気を決めるBGMについて、またおすすめの音楽ジャンルをご紹介します。お客さまの心を掴むためには、コンセプトにぴったり合った曲の選択が欠かせません。魅力的なバーを目指すのであれば、ぜひBGMの導入を検討してみてください。

BGMがバーの雰囲気を決める

BGMは、バーの評価に繋がる重要なポイントだといえます。実際に店舗BGMに関するアンケートでは、その店舗に合った音楽を求める回答が約9割を占めました。

来店されたお客さまに好印象を持ってもらうためには、五感の全てに訴えかけることが大切です。カウンターの配置からスツールのデザイン、照明の具合に至るまで、視覚・触覚を心地よく刺激する工夫は欠かせません。

また、味覚・嗅覚を満たしてくれるお酒と料理はバーの主役でもあります。ここでバーの雰囲気に合った楽曲をチョイスすることによって、さらに理想的な空間が演出できるでしょう。音楽は聴覚からお店の雰囲気を自然と印象付け、お客さまがくつろげるひと時をもたらしてくれます。

音楽の果たす役割は、空間演出のみに留まりません。

バーにBGMを取り入れたい理由の1つとして挙げられるのが、マスキング効果です。

マスキングとは、2つの音が同時に重なった時に片方の音が聞こえにくくなる現象を指します。このマスキング効果を利用すれば、お客さま同士の会話が周りに漏れ聞こえるのを防いだり、店内の雑音を覆い隠すことが可能です。

BGMによってお客さまのプライバシーを守りながら、「静かにお酒を楽しみたい」「友人や恋人と落ち着いて話したい」といった個々のニーズに的確に応えることができます。バーの印象を良くし、快適な空間へと仕上げるにあたり、音楽の存在は非常に大きいといえるでしょう。

そのため、バーの理想像をはっきり描いた上でBGMを導入することが重要です。

BGMとバーに流れる時間の関係

選曲次第で、バーの印象は良くも悪くも変わります。お客さまに愛されるお店づくりに、BGMのもたらす効果は必要不可欠です。しかし、一言でBGMといっても、ジャンルによって曲調やテンポなど多彩な特徴があります。幅広い音楽ジャンルの中で、どんな曲が自身のバーのコンセプトと一致するのかわからないという経営者の方もいるのではないでしょうか。まずは曲のテンポに着目して、バーに流れる時間演出の参考にしてみてください。

BGMのテンポが速いと会話や飲食のスピードも上がる

年齢・性別を問わず人気のある大衆向けのバーでは、テンポの速いBGMがより一層雰囲気を盛り上げてくれます。さらに、テンポの速い曲には、気分を高め身体の動きを活発にする効果があるとされます。アップテンポの楽曲を流すことによって、食事や会話のテンポも上がるということです。また、食事のテンポが上がれば、追加注文が促され、売上アップも期待できるかもしれません。若者向けのバーで混雑しがちな時間帯やランチタイムにも、アップテンポな曲調がおすすめです。

お店の回転率を上げたい場合には、音楽を上手く使って混雑を避けるように意識してみましょう。

スローなBGMでゆったりとした大人の時間を

では、スローテンポな音楽にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

ゆっくりした曲調は心身をともに穏やかな状態にし、お客さまにリラックスした気分を味わっていただくことができます。スローな楽曲によって、お酒や料理を堪能しながら心ゆくまで会話を楽しめるようになるでしょう。隠れ家のような雰囲気を演出すれば、こだわりのある大人のリラックスタイムにぴったりです。また、落ち着いた空気感が漂うことで、カップルにもおひとり様にも過ごしやすい空間が整います。

バーにおすすめなBGMとは?

音楽のテンポによって時間の体感が変わり、お客さまのお店での過ごし方にも影響することがわかりました。ここからは音楽のジャンルに焦点を当てて、どのような雰囲気のバーにしたいのか考えていきましょう。

上質な空間に浸れる大人向けのバーか、デートスポットとしてカップルに支持されるバーか。

あるいは誰もが気兼ねなく集まれるバーなのか、目指すコンセプトは店舗によって様々。

お客さまに狙い通りの印象を持ってもらうために、おすすめのBGMをジャンルごとに紹介します。

大人でお洒落なバーにはジャズやクラシック

グラスを傾け、ゆったりとお酒や会話を楽しめるような空間づくりには、ジャズミュージックのBGMがおすすめです。

サックスやトランペットの音色が、ムーディーな雰囲気を高めてくれるでしょう。

同じ曲でも奏者によってニュアンスが異なるので、こだわって選曲することでより一層お店の個性を引き立たせることができます。

また、ピアノメインのジャズなら軽やかな気分でくつろぎの空間を演出することができます。

あえてボーカルのないジャズを選び、お客さまが話しやすいように配慮するのも大人向けのバーにおススメです。

バーをさらにハイクラスに演出したい場合は、クラシックを流してみてはいかがでしょうか。格調高いクラシックは、バーで優雅な夜を過ごしたいお客さまから好評を得られるでしょう。

ロマンティックなバーにはラブバラード

バー全体をロマンティックな雰囲気で満たしたいなら、ラブバラードをBGMにしましょう。

スローテンポで歌い上げられるラブソングはお客さまの心をグッと掴み、長居したくなる空間を演出してくれます。馴染みのある邦楽はもちろん、エモーショナルな洋楽のラブバラードもおすすめ。

店舗向けBGMの配信サービスを行っているモンスター・チャンネルでは、新旧洋楽の中から選ばれたラブバラードを取り扱っており、ロマンティックな空間演出に活用することができます。外国語の歌詞なので、お客さまの会話を歌詞が邪魔しないという点もメリットの一つです。

カジュアルなバーにはロック/ポップス

カジュアルなバーを目指すなら、誰もが訪れやすい雰囲気を作ることが何よりも大切です。老若男女問わず気軽にバーに立ち寄れるよう、BGMには洋楽のロックやポップスを集めるといいでしょう。

またバラエティ豊かな洋楽の中から、客層に注目して選曲することでバーの魅力アップが狙えます。若者の来店率が高いなら、アップテンポの洋楽がおススメです。明るく、親しみやすく、かつお洒落な若者向けの雰囲気を演出することができます。

モンスター・チャンネルならバーにぴったりのBGMが簡単に流せる

モンスター・チャンネルは、有線放送に代わる新しい店舗BGMの配信形態です。

正統派のクラシックから人気のポップス、ヒーリングミュージックまであらゆる音楽ジャンルを用意。天気・時間帯といったシチュエーションや業種に合わせたプレイリストも使い放題なので、いつでもバーに最適なBGMを見つけることができます。

利用方法は実に簡単で、パソコン・タブレット・スマホなどお手持ちの端末にアプリをダウンロードするだけ。専用機器の購入や工事の必要はありません。

また、初期費用がかからず、月額も有線放送より安く設定されています。

株式会社USENが運営するOTORAKUの場合、月額料金は4,158円(税込)ですが、モンスター・チャンネルの場合、月額料金は2,068円(税込)で初期費用もかかりません。

さらに著作権についてもきちんと対応しており、利用者にとって安心できるサービスといえるでしょう。

モンスター・チャンネルなら、コストや面倒な手間を減らしつつ、BGMを導入して集客効果を上げることが可能です。

バーの雰囲気を決めるBGMをモンスター・チャンネルで

バーで流れるBGMによって、お客さまからの印象・評価は大きく左右されるといえます。

より過ごしやすい空間を作るためには、バーのコンセプトやターゲット層に合ったBGMを厳選することが重要です。

店舗BGM配信アプリのモンスター・チャンネルは、BGMの選曲に悩む経営者の強い味方となってくれます。

幅広い音楽チャンネルを取り揃えることで、バーごとに異なるニーズにも的確に対応。

また、低コストながら著作権問題もクリアし、バー経営者が手軽に利用できるところも嬉しいポイントです。

初めて訪れた方にも「また来たい」と感じてもらえるバーへの第一歩として、モンスター・チャンネルを使い始めてはいかがでしょうか?