「笑顔が集まるお店の作り方」店舗運営 情報マガジン Powered by モンスター・チャンネル

ボサノバとは?店舗BGMでおすすめのボサノバの魅力を紹介

独特のビート感やリラックスできる曲調から、店舗BGMとしておすすめのボサノバ。しかし、せっかく導入するなら曲の魅力を生かしつつ、著作権にも配慮し適切に利用したいものです。
今回は、ボサノバの魅力や使用シーンの例、BGMとして使うときの注意点などについてご紹介します。おすすめのBGMサービスも合わせてお伝えしますので、あまり手間をかけずボサノバを導入したい方はぜひ読んでみてください。

ボサノバとは

ボサノバはポルトガル語で「傾向」「魅力」という意味をもつボサ、「新しい」を意味するノバを合わせた「新しい感覚」の意味を持つ音楽ジャンルです。

まずは、BGMの王様と呼ばれているボサノバのルーツや特徴についてご紹介します。

ボサノバのルーツ

ボサノバは、アメリカで発展した「ジャズ」とブラジルの伝統音楽である「サンバ」が融合して誕生した音楽ジャンルです。1950年代、ブラジルの若者たちの間で生まれました。

最初のボサノバ曲と言われているのは、作詞ヴィニシウス・ジ・モライス、作曲アントニオ・カルロス・ジョビンの『想いあふれて』。従来のジャズやサンバのエッセンスを取り入れつつ、革新的な奏法を確立したこの曲を皮切りに、ボサノバはブラジル中へ普及していきます。

1950年後半から1960年代頃には、アメリカでボサノバがジャズ風の発展を遂げました。ジャズの要素を持つボサノバは、親和性の高いアメリカでもヒットを生んだようです。

現在ボサノバは「ブラジルの若者から発祥した音楽文化」として、世界から高い評価を受けています。

ボサノバの特徴

ボサノバには、大きく分けて3つの特徴があります。

・8ビートの音楽

1つ目の特徴は、曲の中で刻まれ続ける8ビート。8ビートとは、4分の4拍子において1小節に「八分音符で8つ」刻まれるビートのことです。ボサノバの場合、この8ビートは主にクラシックギターで奏でられます。
8ビートというと細かくて騒がしいイメージがあるかもしれませんが、ボサノバで刻まれる8ビートの雰囲気はとても素朴でゆるやか。
ボサノバのイメージでよく言われる「リラックス」や「落ち着く」感覚は、この8ビートによる効果が大きいといえます。

・歌主体の音楽

ボサノバは「歌」が主体になって進みます。歌唱にはまろやかな印象を与える「ウィスパーボイス」が使われているという特徴があります。
ボサノバが影響を受けているジャズは「楽器」が主体の音楽であるため、この点で両者を比較するとより特徴を掴みやすいでしょう。

・アンティシペーション

アンティシぺーションは「先行音」「先取音」とも言われています。アンティシぺーションは、一定で流れる拍よりやや前にリズムを食い込ませて演奏することで、スイング感や疾走感が生まれる奏法です。
ボサノバの、穏やかなのにどこかスピード感のある空気感はこのアンティシぺーションによるものです。

ボサノバをBGMで使用するおすすめのシーン

絶えず流れる8ビートや歌を主体にした音楽構成、アンティシぺーションなどの特徴を持つボサノバ。これらの特徴から、ボサノバは穏やかで安らぐイメージ・疾走感・リラックス感などを私たちに与えてくれます。

以下ではボサノバの特徴やイメージを踏まえて、ボサノバのBGM使用をおすすめできるシーンについてまとめました。店舗BGMとしてのおすすめポイントもご紹介しますので、ボサノバをBGMに導入することでどんな効果を得られるかご想像しつつ読んでみてください。

勉強しているとき

勉強や仕事など、作業時のBGMとして、曲調の落ち着いたボサノバはおすすめです。

例えば抑揚や曲調の激しい音楽をBGMにすると、BGMが作業の邪魔になる可能性があります。また、自身の好きな音楽や気に入ったアーティストの音楽をBGMにすると、作業より音楽に意識が向いてしまうかもしれません。

何かしらの作業に集中して取り組みたい場合、集中を乱さないようなゆったりした曲がBGMとして適しています。ボサノバはその点を満たしているため、勉強する際のBGMとして活用してはいかがでしょうか。

リラックスしたいとき

集中したい場合以外に、リラックスしたい場合のBGMとしてもボサノバはおすすめです。適度な疾走感と落ち着きのバランスを持ったボサノバは、聴いているだけでどこか安心感を与えてくれます。

具体的には、ゆっくり横になりたいときや落ち着きたいとき、疲れを取りたいときなどにBGMとして使用すると良いでしょう。ほかにも寝る前に聴くことで、リラックスした状態で眠りにつく効果が期待できます。

店舗で流すBGM

店舗で流すBGMは、その店舗のイメージと大きく関わってきます。ボサノバは落ち着いた雰囲気や優しいイメージを持っているため、そういった要素と店舗の相性が良いかどうか事前に確認しましょう。

店舗BGMを流す主な目的は、購買意欲を促進したり、店舗での時間が快適になるよう促したりすることです。ボサノバでリラックスしてもらったり、何かに集中してもらったりすることで、これらの目的が果たせそうか考えた上でBGMを選ぶと効果を実感しやすくなります。

例えばカフェやレストランなどでは、前述した「勉強」や「リラックス」のためにお店を利用するお客様も多くいます。その場合、店舗BGMとしてボサノバを採用するのがおすすめです。店舗での時間が快適になるため、よりお店やお店のサービスを利用してもらいやすくなるでしょう。

ボサノバを流す際の注意点

集中したい場面や、リラックスしたい場面のBGMとしておすすめのボサノバですが、店舗BGMを流す際にはいくつか注意点があります。下記の点を守ってBGMを導入しないと、お客様の気分を害してしまったり、著作権などの法律違反につながったりする可能性があります。

ここではそういった、ボサノバを店舗BGMとして流す際に覚えておきたい注意点をご紹介します。導入前に以下の点を確認し、ボサノバをBGMに取り入れましょう。

お客様が不快にならないように音量をチェック

BGMを導入する際は、必ず事前に音量の確認を行いましょう。音量が大きすぎると、特にスピーカー周辺のお客様へ不快感を与えてしまう可能性があります。

開店前にあらかじめ音量を調整し、お客様の来店状況を踏まえて適宜調整するのがおススメです。調整する際には、音量調整担当と聞き手の2人体勢でチェックするとよりスムーズに適切な音量を見つけることができます。

店舗のコンセプトにあっているか注意

先ほど軽く触れましたが、BGMはお店のイメージに繋がりやすいという側面を持っています。そのため場合によっては、BGMを導入することでその店舗の特徴を壊してしまう可能性もあるでしょう。

例えば、ボサノバはゆるやかな曲調の音楽ジャンル。そのためスポーツや大衆居酒屋など、人がたくさんいてアップテンポなBGMが求められるような場面には向いていません。

BGMを導入する前は、そういった店舗コンセプトとの相性についても確認しておきましょう。

店舗で流しているBGMが著作権に違反していないか確認

店舗で音楽を流す際には、著作権に違反していないかどうか注意が必要です。

例えば購入したCDをBGMとして流したい場合、「商用利用(営利目的での使用)」となるためJASRACなどの著作権管理団体と楽曲使用の手続きを行う必要があります。

また、YouTubeなどの動画配信サイトで公開されている動画をBGMに使いたい場合も、著作権の手続きを行わなければなりません。
加えて動画配信サイトの音楽を使用する場合、「著作隣接権」という音楽の伝達に貢献している人達(レコード会社など)への権利料もかかります。

こういった著作権周りの手続きは、音楽だけでなく店舗や店舗に関わる人材を守ることに繋がるため、必ず事前に確認しましょう。

店舗BGMの利用ならモンスター・チャンネル

店舗BGMを利用する際の注意点についてご紹介しました。しかし上述したような著作権周りの管理問題も踏まえると、楽曲の用意や設置に手間がかかるため準備が大変だと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。そのような方におすすめしたいのが、店舗BGMアプリ。中でも「モンスター・チャンネル」なら、サービス内の著作権処理が済んだBGM音楽を月額・年間制で自由に使うことができます。

コスト削減のための利用者が増加しており、14日間の無料トライアルも開催中です。スムーズに店舗BGMを導入したい方は、以下のポイントを確認したうえでぜひ活用を検討してみてください。

料金体制

モンスター・チャンネルは月額プランが2,068円(税込み)、年間プランが22,748円(税込み)と、従来の有線放送の半額以下でBGMを導入することができます。この中にはJASRACに支払う著作権使用料も含まれているため、店舗側で著作権周りの手続きを行う必要は一切ありません。

事務手数料などの初期費用も0円。複数契約の場合、全アカウントの料金が10%オフになります。

世界中の500万曲から厳選したボサノバチャンネルを聞き放題

モンスター・チャンネルでは、世界中の500万曲から厳選したボサノバチャンネルを使い放題!

通常のボサノバだけでなく、軽快なジャズと爽快なボサノバから構成される「ボサノバ / ジャズ」、アレンジの加わった「ボサノバアレンジ」など、チャンネルも豊富に取り揃えられています。

お店の雰囲気づくりにBGMアプリの検討を

ボサノバの特徴や魅力、BGMとして活用できるシーンや導入時の注意点などについてご紹介しました。

ゆったりとした曲調が特徴的なボサノバですが、リラックスシーンから集中したい場面まで幅広く活用することができます。BGM利用時の面倒な手続きは、ご紹介したモンスター・チャンネルを活用することで削減することも可能です。

お店の雰囲気を踏まえつつ、ぜひボサノバをBGMに取り入れてみてはいかがでしょうか。