「笑顔が集まるお店の作り方」店舗運営 情報マガジン Powered by モンスター・チャンネル

歯医者でBGMを流す意味とは?実際に利用している事例も紹介

歯医者を訪れると、ほとんどの場合BGMを耳にするのではないでしょうか。これらのBGMは、ただ流されているだけではなく、歯医者や患者さまにとって重要な役割を果たしています。BGMの存在は治療をおこなう歯科医師や、治療を受ける患者さまにとってもメリットがあります。
今回は、BGMを流すことで歯医者が得られるメリットや、その効果を解説します。

歯医者でBGMを流す理由とは

歯医者で流れるBGMには実は重要な意味があります。さらにいうと歯科クリニックだけでなく、医療機関では必ずと言っていいほど院内でBGMが流れています。なぜ、これらの医療機関ではよくBGMが流れているのでしょうか。理由は単純で、BGMは患者さまに安心して施術を受けていただくため、満足して帰ってもらうために必要な要素だからです。

BGMの効果でお客様の心を落ち着かせるため

BGMを流すべき理由の1つ目は、無音の待合室や施術室では患者さまのストレスを増幅させてしまうためです。患者さまは治療を受けるために来院するため、歯医者という場所では大抵緊張感を持っているものです。数年ぶりに歯医者へ治療を受けにくる患者さまであればなおさら緊張しているでしょう。

歯医者でBGMがかかっていないと緊張が増してしまう患者さまもいます。BGMが流れていない場合に待合室に聞こえてくるのは、歯のエナメル質を削るために使われるエアタービンのキーンという音です。このキーンというエアタービンの音に恐怖を感じるのは、小さな子供だけではありません。子供のときに治療を受けた大人も過去の体験を思い出し、憂鬱な気持ちになる人も多いでしょう。

そんな時にリラックスできるBGMを聴くことで、憂鬱な気持ちを感じさせないように働きかけてくれます。BGMが耳に入ると脳内で心地よさを感じさせるドーパミンが分泌されたり、鎮痛や多幸感をもたらすβ‐ドーパミンが分泌されたりと、脳にいい影響が期待できます。
このように不安な気持ちが先行してしまいがちな歯医者でBGMをかけることで患者さまの緊張をほぐすことができます。

患者さまとの会話が周囲に聞こえないように

患者さまの中には、医師との会話を周囲の人に聞かれたくないと思う方もいます。しかしBGMをかけることで、患者さまのプライバシーを守ることもできます。BGMをかけることにより、患者さまのプライバシーをマスキング効果で守ることができます。

マスキング効果とは2つの音が重なったときに、片方の音が一方の音でかき消されて、聞こえないまたは聞こえにくくなる現象を言います。エアコンを切った途端に、時計の針が進む音や冷蔵庫のモーター音が気になる。という現象を1度は経験したことがあるのではないでしょうか。マスキング効果をうまく使うことにより、歯医者で患者さまが不快に感じる音を聞こえにくくことができます。

マスキング効果をうまく利用しているお店の例を上げて見ましょう。美容室ではBGMのマスキング効果によって、ハサミのチョキチョキという音が聞こえにくくなっています。飲食店では食器がカチャカチャとなる音や人の会話を聞こえにくくするために利用されています。
歯医者で流れるBGMには患者さまの心を落ち着かせる効果だけでありません。マスキング効果で患者さまのプライバシーを守るという目的もあります。

音楽は痛みを和らげるため

さらに、音楽を聴くと痛みの感じ方を和らげ、精神を安定させる効果のあるセロトニンの分泌がおこなわれます。音楽を流すことで、治療を受ける患者さま患者さまの身体的な痛みと精神的なストレスを減らす効果が期待できます。
このように、音楽には痛みを和らげたり、治療の不安を小さくしたりするような効果が認められているため、待合室や治療室でBGMを流す歯医者も多いです。

患者さまは慣れない歯医者で不安に思うところもあり、ストレスを感じる方もいます。歯医者での治療に伴う精神的、身体的な苦痛をBGMで和らげることが可能です。

シーン別:歯医者でおすすめのBGM

歯医者には患者さまが待機する待合室や治療を受ける治療室など、いくつも部屋があります。来院する患者さまも小さな子供から高齢の方と年齢層も広く、BGMを選ぶのには骨が折れるでしょう。そのため、シーン別のおすすめのBGMをご紹介します。

待合室なら「くつろぎのピアノラウンジ」チャンネル

待合室の患者さまはいつ自分の名前が呼ばれるのか、緊張しながら待っています。この緊張はこれからどんな治療を受けるのか、痛みはないかなど、治療への恐怖心から来ています。患者さまが待機する待合室には、緊張を少しでも緩和するような、ゆったりとしたBGMが使われているチャンネルがおすすめです。「くつろぎのピアノラウンジ」チャンネルであれば、リラックス効果の期待できるピアノで奏でられる楽曲が集まっています。

治療室なら「ヒーリンングクラシック」

治療中に使われるエアタービンのキィーンという機械音などで、恐怖心を抱いてしまう患者さまには、ヒーリンングクラシックがおすすめです。癒しの効果を与えてくれるヒーリンングクラシックであれば、患者さまにリラックスしてもらい、安心感を持ってもらえます。BGMの抑揚の変化が激しいと、医師の声がBGMにかき消されて患者さまに聞こえない場合もあるため、落ち着いたBGMがおすすめです。

歯医者で緊張緩和のBGMを流すならモンスター・チャンネル

歯医者でBGMを流すならモンスター・チャンネルがおすすめです。世界中から選ばれた500万曲、合計1,000以上のチャンネルの中から好きなものを選び、BGMとして歯科院内に流せます。
BGMの設定はパソコンやスマートフォンからおこなうことができます。スマートフォンでは専用のアプリが配信されているため、初めて利用する場合でも直感的に操作ができるので、使い方に戸惑う心配はありません。
院内の受付や待合室、治療室などの場所ごとにBGMを変更したり、朝やお昼、夕方などの時間ごとに流す音楽を変更したりできます。歯医者ならではのさまざまなシーンで、BGMによって患者さまにリラックスをしてもらえます。

歯医者でBGM効果を利用しよう

音楽には痛みや不安を緩和する効果があります。患者さまと歯科医どちらにもメリットがあり、BGMは歯医者にとって欠かせない存在です。もし歯医者でBGMを流すならモンスター・チャンネルがおすすめです。

モンスター・チャンネルの月額利用料は2,068円(税込)で、株式会社USENが運営するOTORAKUの月額料金は4,158円(税込)の半額以下で利用できます。院内の場所ごとに音楽の設定が可能で、歯科医院運営の強い味方です。

また、お店などで音楽を流す場合には、楽曲の著作権を管理しているJASRACへ申請や利用料の支払いが必要です。モンスター・チャンネルはJASRACと契約をしているので、著作権等の心配はいりません。音楽を自由にBGMとして使用できるためおススメです。