「笑顔が集まるお店の作り方」店舗運営 情報マガジン Powered by モンスター・チャンネル

朝にぴったりなBGMを紹介!商用利用もできる音楽アプリとは

BGMはお店の雰囲気作りに欠かせない存在であり、お客さまや従業員にとっても必要不可欠です。
従業員にとっては、仕事への満足度やモチベーションに関わるものです。とくに朝は、1日のスタートを切る大事なタイミングであり、朝をどう過ごすかで1日の作業効率も大きく変化します。
お客さまにとってもBGMは店舗に抱く印象や評価を決めるための重要な要素です。店舗のコンセプトや時間帯に適した音楽を流すことで快適に過ごしてもらい、再度お店を訪れてくれる可能性も高くなります。

今回は、店舗にBGMを導入したくても具体的にどんな音楽がいいか分からない方へ向けて、朝に最適な曲や商用利用可能なBGMアプリを紹介します。

朝にBGMを聞くことで得られる効果

BGMはモチベーションを上げたり、やる気ホルモンであるドーパミンの分泌を促したりといったさまざまなメリットがあります。さらに、朝のボーっとした眠気を消し目覚めを良くする、集中力を高めるなどの効果もあります。以下では、朝にBGMを流すメリットについて詳しく解説します。

気持ちが切り替わる

人には、何らかの音を聴いたときに、それがなんの音かを識別する力があります。例えば、鳥のチュンチュンという声を聞くと「スズメが鳴いている声だ」とか、キーンコーンカーンコーンと聞こえてくれば「学校のチャイムの音だ」と脳が音から情報を認識することができます。
同時に、その音を以前どのような場面で聴いたのか、どのような感情で聴いたのか、などの情報を関連付けて無意識に思い出します。音を認識するという行為は脳が活性化しているという証拠でもあり、人は音を聞くことで、脳が刺激され、目が覚めやすくなります。

朝のBGMは、訪れるお客さまに良い気分で過ごしてもらうためだけでなく、従業員にとっても良い効果があります。店舗でこれらのBGMを流すことで、従業員は朝からの仕事も目覚めよくテキパキと業務に取りかかることができます。
さらに、お客さまに快適に過ごしてもらうことができれば、似た音を聴いたときお店で過ごした時間を思い出し「またあのお店に行きたい」と思っていただけるかもしれません。

朝の作業に集中しやすくなる

BGMをかけると、マスキング効果によって集中しやすい環境を作れます。マスキング効果とは、ほどよい音量のBGMを流すことによって、外部や室内の雑音がかき消されるというものです。
朝カフェなどに立ち寄り軽く作業をしてから一日を始めるお客さまも多いでしょう。しかし、カフェ等のお店の中にも小さな雑音は多くあります。雑音によっては、人に不快感を抱かせるため意識が作業よりも音へ向いてしまう場合もあります。朝にBGMを流すことで、雑音をマスキング効果でかき消し、お客さまが作業に集中しやすい環境を整えることができるでしょう。

商用利用可能な朝のおススメBGM

朝に流すBGMは、優しいクラシックや爽やかな曲調のジャズがおススメです。商用利用可能なBGMを配信しているモンスター・チャンネルから、朝に最適なチャンネルを紹介していきます。。

モーニングクラシックで心地よい朝を

朝の忙しい時間には、リラックス効果のあるクラシックがおすすめ。クラシックのリラックス効果は非常に高く、病院の待合室で耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか。
モンスター・チャンネルの「モーニングクラシック」チャンネルには、朝に聞くと心地よい楽曲が集まっています。集められているBGMは、どれも鳥のさえずりのように心地よいクラシックの旋律、穏やかで美しい空気感を演出したいときに最適です。

スムースジャズで爽快な朝を

朝から勉強や仕事などの作業に集中できる空間を演出したいときは、ジャズがおススメです。ジャズは早めの曲調でありながらも、ゆっくりとしたメロディーも感じられるため、人をポジティブな気分へと変化させられます。
モンスター・チャンネルの「スムースジャズ」チャンネルには、軽快で爽やかな楽曲が集められています。美しいメロディーで奏でられたジャズは爽快感を感じさせるため、すがすがしい朝を演出するには最適です。

朝に最適なBGMを選ぶポイント

朝にBGMを流すと目覚めがよくなり、集中しやすくなるとお伝えしました。では実際に、どのような音楽を選べばよいのでしょうか。ここでは選び方のポイントを解説していきます。

お店のイメージに合わせる

最適なBGMを選ぶポイントは、目的を明確にすることです。お店でBGMを流す際には店内でどんな朝を過ごしてほしいかを考えながら、お店のイメージに合った選曲をする必要があります。

例えば、「休日明けの月曜日の朝はすっきりした頭でスタートダッシュを切ってもらいたい」と思った場合、BGMは目覚めにいい軽快なリズムのジャズを流すなどの選び方が挙げられます。選曲する際には、自分が聴いて心地よく感じるBGMだけでなく、聴いた人にどう感じてもらいたいかを中心に考えることがポイントです。

客層に合わせる

脳は好きな音楽を聴いた方が活性化しやすいという性質があります。そのため、お店で朝BGMを導入する場合は、客層やターゲットの好みに合わせた選曲をしましょう。

朝選ぶべきでないBGMとは

同じリズムやがメロディーが続くBGMは朝には適していません。単調すぎる曲調BGMは朝の時間帯だとむしろ眠気を誘ってしまいます。
反対に、アップテンポな音楽でも、ロックなどの激しすぎる音楽は朝には控えた方が良いでしょう。脳が活性化する前に激しい音楽を聴いてしまうと、脳を疲労させ目覚めを悪くしてしまいます。少しずつリズムが進行していくBGMを選びましょう。
また、暗い雰囲気のBGMも音楽に同調するように気分を落ち込ませるため、朝には流さないことをおススメします。

朝BGMを導入する際は著作権侵害に注意

BGMを導入する際のポイントをご紹介しましたが、このほか朝のBGM導入には特に注意したい点があります。
店舗でBGMを流す際には著作権に注意する必要があります。商用利用が許可されていない音楽配信サービスや動画配信サイトのBGMを店舗で流すことは法律で禁じられており、購入したCDをお店で流すことも著作権侵害にあたり、罰金の恐れがあります。

店舗でBGMを使用する際には、JASRACへの申請手続きが必須です。JASRACから承諾許可を得れば、年間6,000円でJASRACに信託されているCD音源に限り自由に流すことができますが、これでは曲数を揃えるのが難しいほか、手続き自体が煩雑です。さらにMP3データやスマホでダウンロードしたBGMは別途「著作隣接権」の申請が必要なため注意しましょう。
以下で、これらのデメリットをクリアした店舗BGM配信サービスを紹介します。

朝BGMの店舗導入はモンスター・チャンネルで!

「お客さまや従業員の満足度アップや店舗戦略のためにもBGMを導入したいが、JASRACの複雑な手続きや、有線放送のための店舗工事は難しい」という方へおススメなのがモンスター・チャンネルです。

モンスター・チャンネルなら月2,068円(税込み)から店舗にBGMを導入できるほか、複雑な手続きや配線工事も必要なく、すぐに使い始めることができます。

さらに、CDでBGMを流すとなると、1時間に1度CDの入れ替えやリピートの設定が必要です。しかし、モンスター・チャンネルであれば、好きな時間に選んだ音楽を自動で流すスケジュール機能や自動リピート機能があるため、一切の手間がありません。

配信されている音楽はすべてJASRACと契約済みのため、著作権問題もなく、朝に適したBGMを選ぶことが可能です。14日間の無料お試しプランも用意されているので、BGMの導入をお試ししてみてはいかがでしょうか。