「笑顔が集まるお店の作り方」店舗運営 情報マガジン Powered by モンスター・チャンネル

昼におススメなBGM!商用利用可能なものを紹介

レストランやショップなどではBGMが利用されています。店舗内に音楽を流すことで、利用中のお客さまの気分に無意識のうちに影響を与えることができるためです。店舗の雰囲気に適したBGMはお客さまの満足度を高めることが期待できる反面、お客さまの気分にそぐわない音楽をかけてしまうと居心地が悪いと感じられてしまいます。
今回は「昼」の時間帯に特化して、最適なBGM選びのためのポイントを紹介します。BGMを流すメリットも解説しつつ、おススメのBGMを紹介していきます。

昼にお店でBGMを流す効果

昼の時間帯に店舗でBGMを流すことで、具体的にどのような効果が期待できるのでしょうか。ここでは2つの観点からメリットを紹介します。

混雑時にお客さまを効率よく案内できる

お昼時は、多くのお店が混雑のピークを迎えます。アップテンポの楽曲を選んでBGMに設定すると、無意識のうちにお客さまや従業員の行動が速くなるためおススメです。お客さまを効率よく案内し、店舗の回転を上げる効果が期待できます。特に混雑する昼の時間帯にはぜひ取り入れたい工夫です。

時間帯で与える印象にメリハリがつく

朝、昼、夜でBGMを設定するなど時間帯ごとにBGMを変えると、店舗の印象を変えることができます。どの時間帯に来ても同じ雰囲気のお店よりも、朝は爽やか、昼は明るくアップテンポに、夜はしっとりと落ち着いた楽曲など、BGMの雰囲気にも変化があるお店の方が、お客さまが受ける印象は単調になりません。魅力的なお店という印象を持ってもらうためにも、時間帯ごとに最適なBGMを選ぶことは重要です。

商用利用可能な昼のおススメBGM

では、具体的に昼の時間帯におススメのBGMはどのような音楽なのでしょうか。混雑対応をしたい場合にはアップテンポなポップス、お洒落で爽やかなランチタイムを演出したい時にはジャズなど、状況によって適した音楽は異なります。以下では、商用利用可能で安心して利用できるBGMサービス「モンスター・チャンネル」より、昼に流したいおススメのチャンネルを紹介していきます。

忙しい昼時にはリズムの良い「ランチタイムミュージック」

忙しいお昼の時間帯には、「ランチタイムミュージック」チャンネルがおススメです。テンポの良いポップスが集まっているチャンネルなので、店員やお客さまの行動テンポをアップさせる効果が期待できます。混雑する時間帯に、案内や移動が素早く進めば、お店の回転率が上がり、収益アップを見込むこともできます。

爽快なBGMで楽しんでもらうなら「ランチタイムジャズ」

爽やかな気分でリフレッシュできる空間を演出したい場合には、「ランチタイムジャズ」チャンネルが良いでしょう。軽快なジャズが集められているチャンネルなので、耳にするだけで爽快な気分になります。長居したいお客さまが集まるような店舗や、食事や会話をゆったりと楽しんでほしいという狙いがある場合には最適なチャンネルです。

昼に最適なBGMを選ぶポイントと注意点

おススメBGMの例を紹介しましたが、数ある楽曲の中から昼の時間帯に最適な音楽を選ぶにはどのような点に注意したら良いのでしょうか。ここでは、BGM選びのポイントをお伝えします。

昼にどんな空間で過ごしてもらいたいかに合わせる

BGM選びをする際にまず考えたいのは、お客さまにどのような空間を提供したいかという点です。客層や立地、店舗の内装、お昼時のお客さまの滞在時間などから考えていきましょう。
例えば、昼間は親しみやすく明るい雰囲気の中で過ごしてほしいという場合には、明るいポップスがおススメです。もしくは、お洒落で軽快な雰囲気の中で過ごしてほしいという場合なら、爽やかなジャズが適しているでしょう。前述したように、アップテンポな曲はお客さまの会話や飲食のテンポを速める効果が期待できます。

音域の変化・転調が激しすぎないものを選ぶ

BGM選びの際、曲のテイスト以外で気を配りたいのは、音域の変化や転調が激しくないかという点です。転調とは、一つの楽曲の中で調が変わることです。音域の変化や、転調の回数が多い曲はBGMとしては主張が激しすぎると言えます。お客さまがBGMに気を取られてしまい、会話の邪魔になってしまったり、作業の集中を妨げてしまったりという悪い効果を招きかねません。曲全体を確認して、BGMに適した曲であるかどうかを確認しておくと良いでしょう。

著作権法違反に注意!

最も注意が必要なのは、店舗に導入しようとしている楽曲が著作権を侵害するものでないかどうかです。お店で曲を流す場合は商用利用にあたるため、然るべき手続きをしなければ著作権法に反することとなり罰金を課せられる可能性があります。見落とされがちですが、音楽配信サービスや動画配信サイトの楽曲を流すのも、違反にあたる可能性が高いです。
また、自身で購入したCDであっても、店舗で利用する場合には申請が必要です。具体的には、著作権管理事業者であるJASRACへの申請・登録が必要です。もしくは有線放送を契約して利用するという方法もあります。しかしどちらの方法を取るにしても、お金や時間がかかってしまうことは避けられません。そこで、できるだけ安く簡単に店舗BGMを導入したいという場合におススメなのが「モンスター・チャンネル」です。

モンスター・チャンネルなら著作権侵害の心配なし

モンスター・チャンネルは、多くの店舗で導入されている店舗BGMサービスです。お手元のスマートフォンやタブレット、パソコン端末などを使って簡単に始めることができます。インターネットさえ繋がれば、他の工事は一切必要ありません。そのため初期費用は0円、登録したその日から導入できるのが嬉しいポイントです。
そして、JASRACと契約済の楽曲を提供しているため、全ての曲について著作権処理は不要です。先に紹介したおススメチャンネル「ランチタイムミュージック」や「ランチタイムジャズ」を含めた1000以上のチャンネルを、安心して利用することができます。楽曲の検索機能も充実しているので、店舗のイメージに合った楽曲が簡単に見つかるはずです。

昼にBGMを流すならモンスター・チャンネルで!

昼に店舗でBGMを流す際の効果と選曲のポイントを紹介しました。BGMには、お客さまの気分や行動に影響を与える力があります。お客さまにどのような気分になって欲しいかを考え、それに合わせたBGMで空間をデザインしていくことが重要です。ただし、流したい曲があっても、商用利用が許されていない場合に注意が必要です。店舗BGMは商用利用にあたるため、著作権の問題にも細心の注意を払う必要があります。モンスター・チャンネルなら著作権問題を考えずに安心して利用できます。昼におススメな商用利用可能なBGMを、1000チャンネル以上から選択可能で、利用料も安価です。罰金などのリスクをおかさずにBGMを導入したい方に最適なサービスのためぜひ導入をご検討ください。