「笑顔が集まるお店の作り方」店舗運営 情報マガジン Powered by モンスター・チャンネル

雨の日はBGMを活用し、売上をあげよう! 集客・顧客満足度アップ方法

雨の日はどうしても来客数が減少し、売上も伸び悩んでしまいがちです。しかし、実は店舗に少しの工夫をすることで雨の日の集客や売上の向上に繋げることができます。
その効果的な手段の1つとしてあげられるのがBGMの導入です。癒しの音楽があるだけで、お客様がリラックスして過ごすことができたり、より作業に集中できたりと満足度の向上につながります。
今回は、雨の日の売上改善のための様々な方法やBGMの効果、おススメのBGM を紹介します。

雨の日が多い日本では天気も店舗経営戦略の指針に

世界の陸域の年平均降水量は「810mm」であるのに比べ、日本の平均は「1,690mm」と約2倍もの雨量が記録されており、天気も店舗経営の戦略の指針として重要であることが分かります。
特に、6月~7月頃の梅雨の時期には雨天が多く、お客さまは外出する意欲が低下する傾向にあるため、梅雨入り前に対策を打っておくことが重要です。

雨の日にはどう対策すべき?

客足が遠のき売上が減少する雨の日ですが、なんとか改善しようと対策費用がかさんでしまっては本末転倒です。そこで、コストを抑えながらできる下記3つの対策を検討してみましょう。

①入口付近は雨の日ならではの配慮を

まずは入り口付近で行える対策です。
雨の日はビニール傘や無地の傘が混在し、他人の傘と間違えてしまうこともあります。そこで、所有者を見分けるためのリングやチャームを杏バレラマーカーとして配り、お客様の傘を管理しましょう。加えて入り口にマットを用意し、靴底についた雨や泥を落としてもらうことで、お客様の転倒を防ぐことができます。また、雨で濡れたお客様のために、乾いたタオルやおしぼりを用意しても良いでしょう。

②雨の日限定メニューやサプライズサービスの実施

雨の日限定のメニューや割引価格を設定してみてはいかがでしょうか。晴れの日にはない特別なものを用意することで、雨の日の来客数向上に期待できます。
また、デザートのサービスやお菓子のプレゼントなど、ちょっとしたサプライズもおススメです。雨だったけど来てよかった、と喜んでもらえる工夫はお客様に好印象を与え、次回の来店にもつながります。

③雨の日ならではのBGMで雰囲気を変える

雨の日ならではのBGMで店舗の雰囲気を変えてみましょう。いつもと異なる雰囲気や雨の日にあったBGMを流すことで、お客様が楽しく、そしてリラックスした時間を過ごすことができます。
また、従業員の気分を上げるためにもBGMによる雰囲気づくりは重要です。

雨の日に合ったおススメBGM

店舗BGMアプリ「モンスター・チャンネル」では、雨の日に合うチャンネル を多数用意しています。
天気表示機能も備わっているため、外の状況がわかりづらい店内であってもすぐに天候の変化がわかります。以下では、雨天時におススメのBGMがセレクトされたチャンネルを紹介します。

お客様向け①極上のイージーリスニング

メロディーが美しい楽曲を中心に集めた「極上のイージーリスニング」チャンネルでは、ピアノやギター、バイオリンの優しい音色が心地よく、ゆったりと落ち着いた雰囲気の楽曲が集められています。
有名アーティスト「コーコーヤ」の「ロータス・メロディ」も収録されており、バイオリン、アコースティックギター、クラリネットの美しい音色で雨の日にリラックスした空間を演出してくれます。

お客様向け②雨の日エレクトロニカ

「雨の日エレクトロニカ」チャンネルは、シンセサイザーやキーボード、パソコンなどによる電子音楽を中心としたジャンルです。雨天にぴったりな楽曲がセレクトされており、現代風でオシャレな楽曲でありながら、雨音との相性もよい繊細さがポイントです。

お客様向け③サロンジャズ

ゆったりと落ちついた雰囲気の店舗には「サロンジャズ」チャンネルがおススメです。従来のジャズよりも洗練されており、若者向けのお店におススメです。クールでセクシーなボーカルが入ることでオシャレ感を演出でき、軽やかな気分にさせてくれます。

従業員向け①心踊るエレクトロポップ

開店前には従業員に向けたBGMを流すこともおススメです。「心躍るエレクトロポップ」チャンネルは、北欧特有の爽やかで透明感のある楽曲が収録されています。雨の日のどんよりとした心にそっと入ってきてくれるため、感情と楽曲のギャップに疲れることなく、気分を高めてくれます。

従業員向け②R&B (ネオソウル)

気分をできるだけ高めたいときは「R&B(ネオソウル)」チャンネルがおススメです。ソウルやファンク、ジャズ、ヒップホップなど様々なジャンルがブレンドされており、開店前の従業員の意欲を高めてくれます。

BGMを導入する際は著作権に注意点

ここまで、雨の日のBGMがもたらす様々な利点を紹介してきましたが、インターネット上にアップロードされている楽曲や購入した音源を店内で流してしまうと、著作権の侵害になる恐れがあり、最悪のケースでは訴訟問題に発展してしまいます。
営業中の店内でBGMを流す場合は、営利目的とみなされるため、著作権管理者の正式な許可や使用料の支払いが必要です。著作権管理者の中でも有名な、JASRAC(一般社団法人日本音楽著作権協会)が管理する楽曲は、国内外あわせて約449万曲あります。流行の楽曲や幅広いジャンルの音楽を流したい場合、JASRACの管理する楽曲を避けることは難しいでしょう。過去にも、JASRACの管理する音楽を無断で流していた飲食店が訴訟にあい、数十万円の支払いを命じられています。

累計アカウント数40,000店舗突破!モンスター・チャンネルのおすすめポイント

モンスター・チャンネルは、店舗BGMのアプリケーションです。著作権処理がされている世界中の音楽500万曲が収録されており、その中からジャンルやテーマに沿ったチャンネルを用意しています。もちろん、改めてご自身で手続きする必要はありません。
これらの楽曲やチャンネルは、月額2,068円 (税込み) で使い放題です。初期費用や工事費はかかりません。また、更新料や解約手数料もないので好きなタイミングで契約・解約ができます。
ここでは、モンスター・チャンネルのおススメのポイントをお伝えしていきます。

充実した機能

モンスター・チャンネルは、アプリ機能も充実しています。
雰囲気、歌詞の有無、時間帯の3つを設定するだけで最適なBGMが流せる「かんたん設定」があるので、アプリの操作が苦手な方でもスムーズに設定が可能です。また、その時の天気や時間帯にあわせた曲をおススメしてくれるレコメンド機能もついており、音楽に詳しくない方でも安心して使えます。
音楽にこだわりたい方におススメな、音楽フェスのようなタイムテーブルの作成もできます。
そのほか、アプリの英語表記も可能なので多国籍スタッフがいる店舗にも向いています。

あらゆるシーンに対応できる、幅広い楽曲をご提供

店舗の業種に合わせた楽曲選びも可能であるため、モンスター・チャンネルはカフェ、レストラン、居酒屋、バーなどの飲食店から、美容室、理容室、ネイルサロン、エステ、さらには旅館、ホテルなどの宿泊業など様々な業種の方が利用しています。タイムセールや閉店の楽曲、お客様に向けたバースデーソングなどスポット再生ができる機能も備わっており、汎用性が高いことも特徴です。

憂鬱になる雨の日だからこそ、心地のいい空間づくりを

今回は、雨の日にBGMを活用することについてご紹介しました。
憂鬱な雨の日を忘れてしまうぐらいの居心地のよい空間をお客様に提供することで、売上アップや顧客満足度につながります。
モンスター・チャンネルを利用すれば、雨の日や店舗に合う楽曲が簡単に見つかり、すぐに店内で流せます。全楽曲が著作権処理済みなので著作権侵害の心配もいりません。
まずは14日間の無料トライアルで実際に導入してみてください。