【サロン経営者必見】ハーブティーの効果を正しく知って施術にプラスのサービスを!

美容サロンに足を運ぶ女性は、エステの施術だけでなく、癒しの時間や空間を求めています。

サロンを経営する上では技術を磨くだけでなく、特別な時間や空間を演出するのも重要なポイントです。お店のリラックスムードを高める要素としては、内装・BGMなどありますが、おすすめの一つが「ハーブティー」のサービス。

ハーブティーには、リラックス効果があります。施術の前後に提供すれば、他店のサービスと差がつくことでしょう。今回は、サロン経営者ならば知っておきたい、ハーブティーの効果や効能についてご紹介いたします。

 

こだわりのハーブティーで「カラダの中からくつろぎ体験」

pixta_17484277_M
ハーブティーとは、ハーブを乾燥させて煮出した飲み物のこと。

ハーブは日本語で「薬草」「香草」と訳され、特に香りに効果があるとされています。世界には数えきれないほどのハーブがあり、種類ごとに効能が違います。

内臓に効果を発揮するハーブもあれば、イライラを解消するハーブもあるんです!

種類ごとに効果が違うのですから、サロンで正しくハーブティーを提供すれば、お客様にとってオンリーワンのサービスとなります。お客様の状態に応じて、そのお客様のためだけに選んだハーブティーを提供するのです。

サロンでは、技術力だけでなく、特別な演出も大切。いかにお客様が特別感を感じられるか、癒しのときを満喫できるか、それがサロンを経営する上で重要なキーワードとなります。

例えば美容院であれば、カラーやパーマの待ち時間にハーブティーを提供しましょう。この時間は、ただひたすら座っていなければならず、お客様にとって退屈なひとときです。香りの良いハーブティーを提供すれば、お客様はリラックスした時間を過ごせますね。

エステサロンやマッサージ店の場合、施術前にハーブティーを提供するのが効果的です。施術前にハーブティーを飲むと、心身ともに落ち着きます。リラックスした状態で施術に望めますので、施術自体の効果も高まるでしょう。

サロンでは、技術力の高さも大切です。しかしお客様はサロンに、特別感や癒しも求めています。そんな時に役立つのが、ハーブティーですね。そのお客様のためだけに選んだハーブティーを提供すれば、優越感や満足感に浸ることができます。このような小さなこだわりが、大きな顧客満足へとつながるのです。

 

お客様にあわせた効能を知ろう!

ハーブティーと一概に言っても、たくさんの種類があります。それぞれに効能も違いますので、お客様の状態に相応しいハーブティーを選ばなければなりません。お客様の体調に見合ったハーブティーを提供するには、ハーブの効能について知識を深める必要があります。そこで、効能別におすすめのハーブティーをご紹介したいと思います。

 

▼ 冷え性の気になる冬場に!「レモンバーム」

Meikoさん(@meimeiko.h)が投稿した写真

レモンバームは、レモン特有の爽やかな香りが特徴のハーブです。酸味はありませんので、飲みやすいハーブティーでもあります。発汗作用や、血行を促進する作用もありますので、寒い冬場にぴったり。冷え性の女性にもおすすめのハーブです。    
 
▼ ストレスが溜まっているお客様にやすらぎ効果!「カモミール」

とうふさん(@tofusuki36)が投稿した写真


カモミールは、リンゴのような甘い香りが特徴のハーブです。ヨーロッパでは数百年以上前から親しまれており、日本でもポピュラーなハーブですね。カモミールには気分をリラックスさせる効果があり、不眠症やストレスに有効です。キク科の植物になりますので、アレルギーの方には注意が必要です。

 

▼ 妊娠中の女性にはコレ!「ラズベリーリーフ」

♡U♡さん(@my1111s)が投稿した写真

ラブベリーリーフは「安産のためのハーブティー」とも言われ、子宮に効果があるとされています。子宮の筋肉を弛緩させるので、陣痛の痛みを和らげてくれ、お産が楽になるのだそう。また妊娠中だけでなく、産後の体力回復にも効果があります。妊娠中や出産後の女性におすすめのハーブです。     

 
▼ むくみが気になる女性に!「アルファルファ」 

chiakiさん(@ure524)が投稿した写真


アルファルファは、緑茶のような味と香りが特徴のハーブです。ビタミンやミネラルが豊富に含まれており、栄養価の高いハーブとしても知られています。アルファルファには利尿作用とあわせて、便秘の解消にも効果があります。腸内環境を整えてくれますので、むくみに悩む女性におすすめです。

 

▼ 頭痛や肩こりにはコレ!「パッションフラワー」

MaRiさん(@mari.tea)が投稿した写真

パッションフラワーは、癖がない香りと味わいが特徴のハーブです。鎮静作用がありますので、不眠症や神経系の治療にも用いられていました。筋肉の痛みを緩和する効果もありますので、頭痛や肩こりの女性にもおすすめです。ただし、妊娠中の女性や精神剤を服用している女性には、提供を避けましょう。      

 
▼ 胃腸が弱い女性に!「ペパーミント」 

@iris.050が投稿した写真


ペパーミントはガムの香りづけにも用いられ、メンソールの爽やかな香りが特徴のハーブです。消化を助ける作用がありますので、胃腸の調子が悪いときにおすすめです。さっぱりした後味も魅力なので、飲み会続きの年末年始にぴったりです。ペパーミントには、精神的なイライラを抑える効果もあります。

 

▼ 美肌に効果があるのはコレ!「ローズヒップ」


ローズヒップは甘い香りが特徴のハーブです。ビタミンを多く含み、なかでもビタミンCの含有量はレモンの数十倍だと言われています。肌の新陳代謝を高めますので、シミの予防や美白効果が期待できます。またハイビスカスとブレンドすると、相乗効果があるとされています。深い赤色をしていますので、見た目にも癒されるハーブティーです。

 

▼ まとめ
pixta_17854275_M
美容サロンでは技術力はもちろん、癒しや特別感も求められています。お客様にリラックスしてもらうためにも、おすすめなのがハーブティーです。ハーブティーにはたくさんの種類があり、それぞれに効能が違います。お客様の気分や体調にあわせて、最適なハーブティーを提供したいものですね。そんなささやかな心配りが、リピーター獲得のための大きなきっかけとなります。お客様の満足度を高め、次の来店へつなげていきましょう!