あなたのお店は検索されてる?リスティング広告を活用して、地域ナンバーワンのお店を目指そう

せっかくお店を始めても、お客さんが来なければ何も始まりません。店舗を経営している方であれば、集客のためにチラシを配布したり、FacebookやTwitterなどのSNSを活用するなどして、独自に様々な努力をしていることと思います。

そんな中、「最近、同じ地域のライバル店が集客に成功している。メニューを変えたり、メディアで取り上げられたわけでもないのに、この差って一体なんなの!?」そんな疑問を抱いたことはありませんか?

ひょっとしたら、そのライバル店はWeb集客に予算を投下しているのかもしれません。Web集客というと、難しく専門的に感じられるかもしれませんが、これが意外と簡単で効果的!この記事では、Webを通じて集客力を高める「リスティング広告」について説明します。

 

リスティング広告とは

スクリーンショット 2016-07-20 13.43.14

「GoogleAdWords」トップ画面

リスティング広告と聞いて、ピンと来る人は意外に少ないかもしれません。このリスティング広告とは、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンを使って、ユーザーがキーワード検索した時に、その検索結果に連動して表示される広告のことです。検索結果ページの決まった部分に、「タイトル」「説明文」「URL」からなるテキスト広告として表示されます。

リスティング広告の中にも種類がいくつか存在しますが、メインとなるのは、Yahoo!JAPANの「Yahoo!JAPANプロモーション広告」と、Googleの「GoogleAdWords」、この2つを押さえておけば大丈夫でしょう。

リスティング広告は、検索されたキーワードや情報に連動した広告が表示されるので、ターゲットとなる見込み客に低コストでアプローチできることが特徴です。ただし、組み合わせるキーワードによって、検索したユーザーが何を求めているかが全く異なってくるので、表示される広告の業種も変わってきてしまいます。

ユーザーの知りたいことは多種多様です。そのためリスティング広告には、すべての業種やサービスにサイトへの誘導、顧客獲得の見込みができることから、集客を高める可能性が期待できるのです。

 

リスティング広告の上手な使い方

スクリーンショット 2016-07-20 13.40.09

リスティング広告は、店舗や企業の形態や規模、取り扱っている商材の内容を問わずに、広告出稿が利益につながるサービスといわれています。そのため、この業種ではダメとか、この商材では売れないということがありません。リスティング広告は、あらゆる業態にチャンスがあります。

例えば、一般的な商品より需要の少ない業務用製品の販売の場合、製品を競合他社より魅力的な広告でアピールできれば、サイトへのアクセスにつながります。また、配達・修理・リフォームなど、サービス対応エリアが限られている業種は、「サービス名 地域」というキーワードで検索されることが多いため、地域名が入ることで費用を比較的安く抑えられます。さらに、Web展開できるリスティング広告は、ホームページと直結させることができるのも大きな魅力。電話帳広告の代用としても数多くの情報を安い費用で伝えることができるのです。

 

 

リスティング広告に必要な費用は?

Costs Budget Finance Business Marketing Concept

リスティング広告は基本的に、広告がクリックされた時点で、はじめて費用が発生する仕組みになっています。つまり広告が表示されただけでは費用がかかりません。自社サイトにユーザーを送客して初めて料金がかかるのです。

ただ、あまり時間はかけられないし、よく分からない広告出稿へのリスクも心配という場合は、商品やサービスをひとつだけ決めて出稿し、実験的にスタートしてみるのが良いでしょう。広告やキーワードの削除はいつでもできるので、どのキーワードのアクセスが多いのか、他の商品やサービスの出稿の仕方など、リスティング広告の効果を知りながら、集客のための次の手を打つことができるからです。

また、予算の関係で1日の広告表示回数が限られてしまう場合があります。その場合は、ターゲットユーザーの目に触れる機会を増やすために、特定の都道府県や地域のユーザーにだけ広告を表示したり、広告の掲載期間を任意に設定すると良いでしょう。

このほか、表示させるリンク先を自由に設定できたり、予算に合わせて少しずつ広告を運用できるなど、リスティング広告のメリットは盛りだくさん。次に説明する通り、設定に時間もかからないため、リスティング広告を上手に使うと、すぐに成果を見込むことができるのです。

 

リスティング広告でできること

Search Browsing Web Internet Information Online Concept

キーワードや広告の入稿が完了し、媒体審査が完了しているなどの条件がそろっていれば、当日からの広告掲載開始が可能です。リスティング広告はテレビや新聞、雑誌など他メディアに比べて、短期間で広告掲載の開始ができるのもポイントなのです。

また、広告出稿時に、広告文の設定ができます。その際にすることは、検索するユーザーの気持ちを考えながらキーワードを決め、ユーザーの興味を引く広告文を作成することです。広告文には文字数、使用できる文字や記号にも制限があるので、最新情報を確認しましょう。

さらにリスティング広告は、広告が表示された回数やクリックされた回数、費用対効果などのデータ収集や効果測定が可能です。そのため、広告効果を数値でしっかりと把握できるので、随時報告されるデータを分析しながら、より効果的な運用が可能となるのです。

 

まとめ

リスティング広告は、集客のための大切な施策のひとつです。キーワード単位で広告出稿ができるため、検索キーワードに含まれるユーザーの興味・関心に、ターゲットとする見込み客の属性を絞り込むことができるのです。そのキーワードで検索するユーザーのニーズとは何かを考えた上でリスティング広告を出稿することが、顧客獲得に繋がるのです。