OMISE Lab > 集客 >

プレミアムフライデーで顧客獲得を目指す4 つのポイント

shadow
Pocket

2017年2月より始まった「プレミアムフライデー」。普段より早く仕事を終えた人たちは同僚と飲み会をしたり、家族や恋人と食事に出かけたり。美容や健康など、自分へのご褒美に時間やお金を使う人もいるでしょう。

となると、飲食店や美容系サロンをはじめ、各種サービスを提供するお店ではいつも以上の集客が見込めます。良い成果を生むためには、今後さらに推進されていくであろう「プレミアムフライデー」について理解を深め、積極的に施策を打つことが重要です。

今回はプレミアムフライデーに参加するメリットや、来店のきっかけ作り、お客様の満足度アップのためにできることを学んでいきましょう。

まつげサロン経営の皆様へ まだCDなんですか?

 

1.そもそも「プレミアムフライデー」ってなに?

今はまだ「プレミアムフライデー」が導入されて間もなく、認知はされていても導入されていない企業も多いのが現実。しかし、官民が一体となって推進している取り組みなので、いずれ全国的なものになっていくと考えられます。

まるでバブル時代の“花金”を想起させるようなイベントですが、まずは具体的にどんな取り組みであるのか、確認しましょう。

「プレミアムフライデー」は国を挙げての取り組み!

「プレミアムフライデー」とは日本政府や経済界から提唱された取り組みであり、“月末の金曜日は仕事を早く終えて、金曜から週末にかけて有意義に過ごしましょう!”というもの。2016年12月に公表され、2017年2月24日の金曜日が第1回目のプレミアムフライデーとなりました。

プレミアムフライデーに当たる日は、午後3時に業務を終了することが推奨されています。一般的な時間帯で働く人たちにとって、これは嬉しい制度。月に一度、月末の金曜日はいつもより早く仕事から解き放たれ、それぞれ好きなように週末を満喫できるというわけです。

これを機に多忙な日常を送る日本国民のライフスタイルが変化し、豊かな暮らしが形成されるという効果が期待されています。そして、「消費を促して経済を好転させる」という目的のもとプレミアムフライデー推進協議会が設立されており、官民一体となってこの運動を推進しています。

 

2.プレミアムフライデーの現状と効果

2月24日(金)に実施された第1回プレミアムフライデーは、多くのメディアに取り上げられて話題となりました。多数とはいえないながらも、実際に早帰りを行った企業・団体があります。

 

プレミアムフライデーの導入状況

気になる導入状況ですが、2017年4月19日現在では6,418(*1)の団体が賛同を表明しており、3月31日(金)の第2回では、第1回と比較すると早めの業務終了に取り組む企業は2倍以上(*2)に増加しています。

推進協議会の公表データ(*2)によると、早帰りした人たちの過ごし方としては「外食・お酒を飲みに行った」と回答した人が47.5%(複数回答で同項目を選択した人の割合)で最多。旅行・お出かけ、スポーツジムや美容院に行ったという人もいました。

第1回では「家でゆっくり過ごした」がトップであったことを踏まえると、導入する会社が増えているだけでなく、プレミアムフライデーを積極的に楽しもうという人がたしかに多くなっているのです。

 

プレミアムフライデーによる店舗側への効果

それでは、実際に店側に生まれる効果について見ていきましょう。

初のプレミアムフライデーとなった2017年2月24日(金)と、前年2月26日(金)の来客数・売上を時間帯ごとに比較。前年との平均値を基準にチェックします。

【15~18時】
18時までの夕方の時間帯については、前16年と比較して来客数は「+3.7%」、売上は「+1.3%」と大きな差は見られません。つまり第1回の時点では、飲食店のピーク帯が早まるなどの影響は見られなかったのです。

【18~24時】
しかし18時以降のデータを見ると、来客数は「+14.4%」、売上においては「+26.3%」と大きな伸びが表れています。参加団体がそれほど多くない第1回のプレミアムフライデーの段階から、18時以降は飲食店舗側に効果が生まれているのです。

※iPad POSレジ「ユビレジ」を使用中の飲食店300店舗のレジデータをもとに解析(*3)

プレミアムフライデーを導入する企業・団体が増えているため、この傾向はさらに高まる可能性があります。月末金曜は15時で業務終了する会社が増えれば、ピークは早い時間帯に移っていくことが予想されます。あるいはもしかしたら、家族のいる方は早く帰って家で家族とゆっくり過ごすという人が増えてくるかもしれません。

いずれにしても、プレミアムフライデーは金曜日の過ごし方に多様性をもたらすはず。飲食店やサービスを提供する側としては、そこを狙った施策を打つことができれば来店数や売上のアップが期待できるというわけです。

(*1)「プレミアムフライデー推進協議会事務局HP」
(*2)「3月31日(金)第2回「プレミアムフライデー」 実態調査」
(*3)「ユビレジ、飲食店利用状況をPOSデータで統計解析!」
※いずれも2017年4月19日閲覧

 

3.プレミアムフライデーに実施された取り組みの事例

それでは2017年2月・3月のプレミアムフライデーで各企業・店舗が実際に行った施策について紹介します。

 

サントリー

サントリーは特設ページにおいて、プレミアムフライデーにまつわるイベント情報などを提供。美味しいプレモル樽生が味わえる「プレミアム達人店」を紹介し、月末金曜は「ザ・プレミアム・モルツ(樽生)ポイントマイレージ」のポイントが2倍となるキャンペーンを実施しました。

 

ネイルサロン MITO

練馬区江古田にあるネイルサロン「MITO」ではプレフラ限定で、当日からお得になる「パラフィンパック(手や爪のケア)」の無料サービスと、次回の来店につながる500円オフ券をプレゼント。

 

Meet Meats 5バル 高田馬場店

黒毛和牛グリルが売りの5バルでは、プレミアムフライデーの営業時間を変更。通常17~23時のディナータイムを15~24時に拡大し、さらに15~18時は「プレミアム泡~」として、生ビール・スパークリングワインを380円で提供するハッピーアワーを開催。

 

株式会社ダイアナ

株式会社ダイアナが展開する美容系サロンのひとつ、美容室「カリス」では、親子や夫婦での来店で無料サービスを提供。さらに、一定額以上の施術をすると同社経営のカフェで使えるドリンク券を進呈、コースで施術すると3割引きに。

同じくダイアナによるファッションブランドでは、ネット通販サイトにおいて全品10%引きのタイムサービスを展開。実店舗においても、一定額以上購入で同社の化粧品セットをプレゼントするというハッピーアワーを行いました。

 

GAP

GAPはリラックスできる職場環境づくりとして、金曜日にはデニムの着用を勧める「GAP デニムフライデー」を行っています。そのためプレミアムフライデーとも重なる3月31日(金)の15~19時には「GAP HAPPY HOUR」として、全国のGAPストアでデニムのセールを行いました。

 

4.プレミアムフライデーに向けてするべきこと

各企業がプレミアムフライデーの集客・売上アップのために施策を行っています。プレフラならではの魅力的なサービスを提供することで、今後はさらに効果も大きくなることでしょう。最後に、プレミアムフライデーに向けて取り入れるべき方策をまとめました。

ロゴマークを使ってアピール

まずは自店舗がプレミアムフライデーに参加していることをアピール。申請をすれば推進協議会によるプレミアムフライデーのロゴマークを自由に使用することができます。

ロゴマークの使用申請は協議会の公式サイトから行います。使用規約に同意し、申請ページで必要事項や用途について入力。申請が通ると事務局からダウンロード用のURL記載のメールが届きます。

申請するとポスタージュネレーターが利用できるので、ロゴマーク中にお店の名前などを入れたオリジナルポスターを作成することができます。ロゴを店頭やHP上で提示すれば、プレミアムフライデーに参加していることがよくわかりますね。

ハッピーアワーなどのイベント・キャンペーンを実施

プレフラによる早帰りが増えれば、これまで集客が少なかった早い時間もお客様を呼び込めるチャンスが生まれます。月末の金曜日は、飲食店なら早めに開店したりハッピーアワーを開催したりして来店を促します。

美容系サロンやショップなども、早い時間の来店につながるきっかけ作りを積極的に行うことが重要であるのと同時に、イベントの告知をしっかり行うことも新規顧客獲得のカギ。予約や事前配布のクーポンなどの段階からプレミアムフライデーのお得感・特別感を提示すれば、「今月のプレミアムフライデーは〇〇に行こう」と思ってもらえる可能性があります。

プレミアムフライデーによって人の動きも変わっていきます。早帰りして家族と外食をしたという人もいたり、それまでは土日のイベントだったものが金曜日に移る場合も。そうしたさまざまな可能性を考慮しながら、ターゲットまで考慮した企画をする必要があるのです。

上質なサービスときっかけ作りでリピートへ

ハッピーアワーやタイムサービスによって生まれた集客も、その日限りのものになってしまってはお店にとってもったいないもの。プレミアムフライデーをきっかけに来店してもらったお客様を次の利用、つまりリピートにつなげることが大切です。

たとえば1カ月後のプレミアムフライデーはもちろんのこと、普段でも利用してもらえるようなクーポンや割引券の配布も効果的な施策のひとつ。そのほかにも特定の料理やサービスを無料または割安で提供すれば、来店の機会を作ることもできます。

 

プレミアムフライデーは新規顧客・リピーター獲得のチャンス!

2017年2月から導入された「プレミアムフライデー」。始まってまだ間もない取り組みですが、国を挙げて推進しており、早めに仕事を終わらせて充実したプライベート時間を過ごせるというのはやはり嬉しいものです。

今後ますます普及していく可能性が高く、サービスを提供する側としても積極的に参加していくことで集客や売上に良い効果をもたらすことが期待されます。ハッピーアワーを取り入れるなど、プレミアムフライデーで何かしらの「幸せ」や「楽しい」という満足感をお客様に得てもらうことが、最終的に集客や売上の向上につながるはずです。

小売店経営の皆様へ まだCDなんですか?
Pocket

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です