OMISE Lab > 集客 >

夏は集客のチャンス!今からしっかり準備しておきたい集客のヒント4選

shadow
Pocket

夏はボーナスの支給や、レジャーにイベントも多く、外出の機会が多くなる季節。店舗にとっては、集客の大きなチャンスでもあります。

そんな夏を前に、夏らしいメニューの提供、夏のキャンペーンなどの施策を準備しておけば、より多くの集客につながります。しかし、キャンペーンやイベントは夏になってから慌てて取り組んでは、お客様が来るどころか認知ができていないことから失敗に終わってしまうことも……。そこで今回は来たるべき夏に向けて少しでも多くのお客様を獲得するために、今から準備しておくべき夏の集客方法を飲食店、サロン別に紹介します。

飲食店経営の皆様へ まだCDなんですか?

 

夏に向けて準備しておくべき取り組み

お祭りや花火大会などのイベントが多い夏は、外出の機会がグッと増えるだけでなく、地域のイベントや音楽フェスのような大きなイベント、帰省、観光などで人の流れが大きく変わります。この時期特有の人の流れを、しっかりとつかんで集客につなげたいもの。では、飲食店とサロン別に集客のヒントを見ていきましょう。

 

飲食店

【夏メニューの開発】
夏になると、多くの飲食店では「冷たい」「辛い」といった要素を盛り込んだ夏限定メニューが登場します。いずれも暑さを忘れさせてくれる、個性的な味わいが特徴です。暑い夏だからこそ一層魅力的に感じる食感や、食欲を刺激するひと皿はさまざまなお客様が求めています。

定番メニューのひとつは、冷たい麺料理です。そうめんや冷たいうどん、そばなどは、食欲が落ちる夏でもさっぱりと食べられます。一方で、体力を消耗しがちな季節には焼肉や唐揚げなど、スタミナ系のメニューが重宝されることも。濃いめの味付けで、ガッツリ食べられるメニューは夏に欠かせません。

また、夏になると辛いものや酸っぱいものが食べたくなります。これは夏の疲れた体が自然と酸っぱさや辛さを求めるようになっているからだとか。南国の料理を暑い時期に食べたくなるのは、これらの理由があるからです。最近若い女性を中心に人気の食材、パクチーを使ったメニューも外せません。積極的に使用すれば、パクチー好きのお客様へのアピールは確実です。

また、体を冷やす効果のある、トマトやゴーヤ、ナスなどの夏野菜を取り入れたメニューを増やすのもよいでしょう。そのほかにもステンレス製やガラスなどの涼しげな器を使ったり、氷やジュレを盛り付けるなど、見た目にも清涼感を演出すれば、夏場で落ちがちな食欲を刺激することができます。

 

【イベントでの集客】
花火大会など、時間の決まっているイベント会場近くに飲食店がある場合、テイクアウトの準備をしておきましょう。その際にはがっつりした一品ものよりも、唐揚げやフライドポテトのような、気軽に食べられるものがおすすめ。

また、イベント終了時も混雑が予測されます。お祭りが終わった後にはそのまま帰路につく人よりも、「ちょっと一杯飲みたい」、「軽く何か食べたい」といった小腹を満たしたい人たちが立ち寄ることが多くなります。イベント会場付近に店舗がある場合は、終了後にそれらの客が続々と流れてくることを想定し、食材やシフトの準備をしておくとよいでしょう。

よりイベントに絡めたサービスを掲げていけば、さらに多くの集客を達成できます。たとえば、浴衣で来店した場合の割引サービスや、イベント終了時からドリンクを割引するタイムセールなどは「特別セール」という限定感を与えられるため、お客様もついつい立ち寄っていくものです。

 

サロン

【浴衣に関するサロンメニュー】
「せっかくの花火大会やお祭り、浴衣を着ていきたいな」と考えるお客様は多いことでしょう。しかし、着付けに慣れていなければ、浴衣を自分ひとりの力で着ることはできません。

そんな時こそ、サロンの出番です。夏限定ではありますが、浴衣の着付けメニューを利用したいお客様は多く、サロンメニューに加えておけば来客につながります。そして日常的に和服を着る機会が少ない方はインナーや伊達締めといった小物のほか、髪飾りや和風のバッグといったグッズをお持ちではないかもしれません。こういった周辺のものもレンタルできるようにすれば、お客様から喜ばれるでしょう。

着付けに加え、ヘアアレンジメニューも取り入れるとよいでしょう。夏らしい、浴衣にピッタリのアレンジならば、お客様も満足するはず。浴衣を着てのお祭りや花火大会という、特別な思い出を演出するための機会を演出してみてはいかがでしょうか。

 

【夏のおしゃれに関するメニュー】
開放的な気持ちになる夏は、少し大胆なおしゃれにチャレンジしたいと思うお客様もいらっしゃいます。夏のカラーキャンペーンなど、普段はあまりしないカラーリングなど挑戦しやすいメニューを取り入れてみるのもよいでしょう。

その他にも、夏はサンダルを履くことが多くなる季節です。細かいところまでおしゃれを徹底したいお客様に向け、ペディキュアメニューを充実させてみてはいかがでしょうか。ただペディキュアするだけでなく、素足を出すことが多くなるので、フットケアと併用するメニューを提供するのもおすすめです。

また、プールや海へ行くことも増えるので、落ちにくいまつげエクステの需要も高まるほか、肌を露出するために脱毛メニューを選ぶお客様も。可能であれば、早くからキャンペーンの告知やお得な割引きサービスを展開して、集客につなげましょう。

 

夏の集客に向けた準備は始まっている!

イベントが多くなることで、いつも以上に人の流れが頻繁になる夏。この機会を利用しない手はありません。普段の定番メニューに、少しだけ季節感を加えたり、アレンジするだけでも、準備ができるのです。

せひこの機会に夏ならではの魅力的なメニューを開発し、ひとりでも多く集客に役立ててみてはいかがでしょうか。

まつげサロン経営の皆様へ まだ有線放送なんですか?

Pocket

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です