OMISE Lab > 集客 >

数千円でWebサイトが作れる?飲食店を開業するためのweb周りのデザインの準備をしよう

shadow
Pocket

街を歩く誰もがスマホを持ち、インターネットが情報収集の中心となった現代。Web集客は、店舗経営の要のひとつとなりつつあります。実際、積極的にグルメサイトに情報を出し、SNS運用に力を入れている方も多いことでしょう。

しかし、それだけで満足してはいけません。グルメサイトやSNSの利用に加え、店舗のWebサイトを運用すれば、Web集客の効果をさらに上げることができるのです。

今回はWebサイトを運用するメリットにふれたうえで、実際にホームページを作るための手段についても説明していきます。

まだCDなんですか?

 

店舗のWebサイトはなぜ必要?

まずは、店舗のWebサイトの必要性について考えていきましょう。

「ぐるなび」、「食べログ」、「Retty」をはじめとする大手グルメサイトには、お店の営業時間やアクセス、価格帯といった基本的な情報は網羅されています。また、TwitterやFacebookなどで積極的に広報して、お客様と近い関係を築いているお店も少なくありません。

このように、グルメサイトとSNSを併用すれば、特にWebサイトを作らなくても十分に思えます。しかし実は、グルメサイトやSNSではカバーし切れない部分をWebサイトは補ってくれるのです。

第一に、信頼性。もちろんグルメサイトにも基本的な情報は載っていますが、やはり間違いがなく最新の情報が載っていると信用できるのは、いわゆる「公式」が出す情報です。SNSで最新情報を告知していたとしても、初めて来店するお客様にそこまでチェックしてもらうのはハードルが高いでしょう。

また、グルメサイトや SNSのページのレイアウトはどの店舗でも同じですが、Webサイトのデザインはすべて自由。料理や内観を写した写真をふんだんに使って、お店の世界観をページ全体で表現できます。シズル感たっぷりに演出された料理の写真は、きっと店舗の魅力をしっかり伝えてくれることでしょう。

 

店舗のWebサイトに最低限設けておきたいコンテンツ

とはいえ、Webサイトを作るとはいっても、まずはどんなコンテンツを作ればいいのかわからない……とお悩みの方もいるかもしれません。ここでは、Webサイトに最低限設けておきたいコンテンツをご紹介します。

▼ インフォメーション
営業時間や定休日、アクセスなどの基本的な情報は重要です。特に、わかりにくい場所にある店舗にとって、Google Mapを使ったアクセスマップは不可欠。手書きの地図ではなく、誰が見ても迷うことなく店舗まで来ることができるようにしましょう。

▼ メニュー
基本的なメニューやコース、値段があると、お客様の「友達と来よう」、「恋人と一緒に来たいな」といったシチュエーションに合わせたお店選びに便利です。看板メニューの写真は特にシズル感のある写真にすれば、「絶対これは食べよう!」と来店の動機作りにつながります。

▼ お問い合わせ
メールフォーム、予約システムなど。電話番号だけでなくWeb予約もできるようにしておくと、集客につなげられます。

 

予算別・ホームページ作成方法

ではWebサイトを作るうえで、実際にはどの程度の料金がかかるのでしょう?具体的なサービスを例に挙げながら、予算別に見ていきましょう。

▼ 無料ブログ:0円
アメブロやライブドアブログといった無料ブログを利用すれば、コストがかかりません。簡単に作成できるうえ、更新もラクラク。専門的な知識も必要ありません。ただし、無料であるために店舗と無関係の広告が表示されることも……そんなときは、広告が非表示となる有料プランを検討してみても良いでしょう。

▼ 知識を生かして自分で制作:0円~
無料ブログだけでなく、独自でソフトなどを使い自分自身でサイトを作る方法もあります。カスタマイズが自由なうえ、いくらでもこだわることができます。ただし、知識やスキルが必要とされます。

▼ 制作会社に依頼:数十万円~
デザインからコーディングまで、すべてWeb制作会社に発注する方法です。なんといっても「プロ」のクオリティで、オリジナリティあるサイトを作れることが大きなメリットです。サイト内の写真や文章まで依頼できる制作会社も多くあります。

ただしそれなりの費用が必要となり、仕上がりや納期で不満を覚える可能性もゼロではありません。制作段階で要望を細かく伝えておくなど、時間とコストに余裕がある場合は検討しても良いかもしれません。

▼ Web上の制作ツールを利用:0円~
企業が無料から提供している制作ツールを利用するパターンです。簡単に始められるうえ、有料プランで店舗の広告なども提供。お店のフェーズに合わせ、幅広い選択肢から選べます。
続いて、実際のサービスをご紹介します(料金は全て税抜き表示であり、データは2017年8月現在のもの)。

ペライチ

ペライチはインターネット初心者でも簡単にホームページが作れるサービスです。「用意されたテンプレートから選ぶ」→「文章や画像を入れる」→「公開」のたった3ステップ。無料プラン・通常プラン・プレミアムプラン・エンタープライズプランの4つが用意されており、ニーズや予算に合わせて選択できます。さらに月々500円で、ページ上で商品を売るオプションも用意されています。

【プラン一覧】

●無料プラン(0円)
ページ作成(公開ページ数に制限あり、上限1万PV)、画像編集(機能制限あり)、SEO対策など

●通常プラン(833円/月)
ページ作成(公開ページ数に制限あり、上限2万PV)、画像編集(機能制限なし)、SEO対策、フォントの変更、フォーム機能、独自ドメインの使用など

●プレミアムプラン(1,683円/月)
ページ作成(公開ページ数に制限あり、上限3万PV)、画像編集(機能制限なし)、SEO対策、フォントの変更、フォーム機能、独自ドメインの使用、アクセス解析機能、HTML/CSS/JavaScript埋め込みなど

●エンタープライズプラン(応相談)
ページ作成(公開ページ数は応相談)、メール・電話でのサポート、機能カスタマイズ自由など

過去記事:初心者でも簡単!店舗HP作成サービス「ペライチ」を使ってみた

 

favyページ

スマホひとつで簡単に作成・更新ができるfavyページ。運営元のfavyが展開する各種サービスと連携し、インターネット予約システムの導入や求人情報掲載も可能です。さらに、翻訳設定をオンにするだけでページ全体を英語翻訳してくれるので、海外のお客様にも対応できます。高い拡張性が魅力のサービスです。

【プラン一覧】
●フリー(0円)
ページ作成、独自ドメイン使用、お知らせ配信、求人掲載、ネット予約、自動翻訳など

●プレミアム(10,000円/月)
上記に加え、アクセスアップ広告、再来店アップ広告、集客強化オプション

 

Goope

シンプルな手順であっという間にホームページが作成できるサービス、Goopeスライドショーやネットショップ、アクセス解析などの機能に加えて、ページを長く運営するためのオプションが充実しているのが特長です。会員機能やメルマガ機能を活用すれば、お店のファンになってくれたお客様と長期的な関係を築くことができます。

【プラン一覧】
●通常(1,000円/月)
ページ作成、独自ドメイン使用、ネットショップ(有料)、PDFアップロード、メールアドレス作成(10個まで)、SSLオプション(有料)など

●DX(1,500円/月)
「通常」プランに加え、アクセス解析、メルマガ機能、お問い合わせカスタマイズなど

●ビジネス(3,500円/月)
「DX」プランに加え、電話サポート、有料テンプレート使い放題、メールアドレス作成(100個まで)、SSLオプション(無料)など

 

まずは無料でWebサイトを作ってみよう

インターネット初心者の方にとっては、自分でWebサイトを作るとなると大変そうな印象を持つかもしれません。しかし、店舗の規模や有しているコスト、時間をもとに最適な形で制作をすることで、さらに集客を見込めるのも確かです。

まずは一度無料で作ってみて、Webサイトによる集客効果を確かめてみてはいかがでしょうか。

飲食店経営の皆様へ まだ有線放送なんですか?
Pocket

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です