OMISE Lab > 店舗運営 >

【今一度徹底しておきたい】スタッフに共有すべき、SNSのルール。

shadow
Pocket

学生にとっては、そろそろ定期試験を終えて夏休みがやってくる季節。夏休みは「遊ぶ約束がたくさんあるけど、バイトも入れないときついかも……」とシフトを増やす学生も多くいることでしょう。

しかし、2013年の夏休みには学生スタッフが店舗で悪ふざけの様子をSNSに投稿したものが、相次いで問題となりました。とある飲食店では食器の洗浄機に入った写真の投稿からクレームが発生し、店舗が閉店に追い込まれたケースも発生しています。

その後も芸能人が来店したことにはしゃいだ学生スタッフが「あの芸能人、うちのお店でこんな商品を買っていたよ!」とSNSに書き込んだことから問題になったケースもあります。このように、スタッフのささいな投稿から炎上に発展し、クレームの連絡が来て初めて「実は炎上していた」ことが明らかになった……という事例は珍しくありません。SNSが身近になった今だからこそ、スタッフ間でSNSのルールを徹底することが求められています。

今回は、店舗のSNS炎上を未然に防ぐために定めておくべきSNSルールを解説します!

 

まつげサロン経営の皆様へ まだCDなんですか?

 

イメージダウン、顧客の損失……SNS炎上で失うもの。

アルバイトスタッフが店舗の決まりを大きく逸脱した行為をSNSに投稿、炎上することは一般的に「バイトテロ」と呼ばれています。

このバイトテロは、最初から店舗に被害を加えようとして行われたものではありません。「不特定多数の人間の目に触れるインターネットの場」ということを自覚せずに投稿したものが炎上し、初めて事の重大さに気がつくパターンが多いとされています。しかし、問題となった投稿を慌てて削除したとしても、一度発信されたものを完全に無かったことにするのは容易ではありません。

バイトテロの発端は、「面白いことをしたかった」、「自慢したかった」というものが大半だと言われています。スマートフォンの普及で誰でも写真やつぶやきを発信できるようになった時代だからこそ、「これ、もしかしたらまずいかも……」という冷静な判断ができないまま問題となる投稿をしてしまうのです。

一度店舗の衛生状態や情報漏洩への取り組みが疑われてしまえば、店舗がそれまで築き上げてきた信頼は一瞬にして失われます。店舗のイメージダウンを防ぐためにも、スタッフ間で守るべきSNS利用のルールを定めましょう。

 

スタッフに共有しておくべき、SNSルール

とはいえ、店舗で働くスタッフに「SNSを利用している場合、申告するように」と伝え、「問題となる行為をしていないか」監視することは困難です。

そのような方法をとらずとも、SNSを利用するうえでのルールやガイドラインを徹底させれば、自然とバイトテロの可能性は低くなるはず。それでは、問題となる投稿のパターンとそれを防ぐ方法に注目していきましょう。

 

就業中は携帯電話を持たない

勤務中にも関わらず、問題となる写真を撮っているスタッフはこっそりと携帯電話を持ち歩いている可能性があります。「お客様がいなかったから」、「店長がいなかったから」といった隙にバイトテロを発生させることのないよう、今一度携帯電話をロッカーや鞄に入れるよう注意するのが望ましいです。

 

店内の写真を許可なく撮影させない

スタッフが投稿した写真にお客様の顔がはっきりわかる状態で写っていた場合、プライバシーの侵害として問題が発生します。お客様からクレームが発生することも免れないため、店内の写真撮影に関してはあらかじめ禁止しておくことが無難です。

 

お客様情報の取り扱いを徹底させる

防犯カメラの画像や購入履歴、クレジットカード情報から芸能人の来店をアピールしようとした投稿が炎上したケースがあります。「芸能人のプライベートに関わった」という出来事から、ついつい書いてしまう行為に走ってしまったのです。

相手が誰であろうと、個人に関わる情報を流すのはプライバシーの侵害にあたります。店舗からお客様情報を持ち出さないことはもちろん、「誰が何をした」といったことを明らかにさせるような投稿をしないよう注意を行いましょう。

 

過去に起こった事例を周知させる

「SNSで問題となる投稿をきっかけに、こんな事態に発展した」という事例を周知させておくのも、SNS炎上を防ぐ方法として有効です。

どんな投稿がされたのか、どんな点が問題だったのか、結果的に店舗はどんな被害を受けたのかを知ることで、「こんな問題があるなんて、これからSNSを使う時は気をつけよう」とスタッフ自らが注意するようになります。

 

「そんなつもりはなかった」で済まない。今一度SNSのルールを考えよう。

学生スタッフも、店舗で働く大切なひとり。「店舗の看板を背負っている」ことについての責任をしっかりと自覚させたうえで、SNSによる炎上が起こらないよう、店舗側もサポートをしていきましょう。

まつげサロン経営の皆様へ まだCDなんですか?
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です