OMISE Lab > 店舗運営 >

【店舗別】トラブルを防ぐために設置しておきたい防犯カメラのポイント。

shadow
Pocket

以前に比べ、街中に目立つようになった防犯カメラ。防犯カメラの映像によってトラブルを解決できたケースも多いことから、「うちも何かあったときのために設置しておこうかな……」と検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

盗難防止に役立つことはもちろんですが、実は店舗の種類によって、防犯カメラの役割もさまざま。今回は防犯カメラを設置するメリットや役割を紹介します。

 

エステサロン経営の皆様へ お店の雰囲気って内装だけだと思っていませんか?

 

盗難防止だけじゃない!防犯カメラの役割って?

近年、防犯カメラの映像は鮮明になっているほか、機種によっては複数のカメラの映像をまとめて記録して見られる機能も追加されています。以前に比べて価格も下がっており、導入も難しいものではありません。

防犯カメラを設置する際、望ましい場所は以下の4箇所です。

1.お客様が出入りする店舗の出入り口や駐車場
2.金銭の授受が発生するレジ付近
3.商品を保管する倉庫、調理を行うホールといったバックヤード
4.お客様がいる店内フロア

特にレジ付近はお預かりした金額やお返しした金額を記録することで、レジのデータと売上げ額が合わない場合の確認に役立ちます。記録していた映像により、お客様との金銭授受の際に誤った金額を取り扱っていたのか、スタッフが不正を働いて売り上げを着服していたのかといった原因を突き止めることができます。

その他、店舗によって防犯カメラに期待できる役割は異なります。

 

【飲食店】食品の安全性、スタッフの勤務態度をチェックできる

飲食店に防犯カメラを設置すると、お客様から異物混入についてご指摘を受けた際に映像を確認したり、営業中の映像からスタッフの勤務態度を判断することができます。

異物混入を指摘するクレームのなかには、店舗によるものだと見せかけて商品や金銭をだまし取るケースがあることも。そんなときには防犯カメラで厨房からホールまでの映像を記録しておけば、大きな証拠となります。

また、飲食店のスタッフが店舗の目の届かないところで商品を使って悪ふざけをしていたことが数年前に問題になりましたが、防犯カメラがあればスタッフ側のチェックもできます。

 

【サロン】空き巣対策ができる

通りに面している美容室の多くは、ガラス張りで店内の様子がわかりやすい設計になっています。そのため、空き巣の標的になりやすく、閉店後にガラスを割って侵入され、盗難被害を受けた……ということも起こりうるのです。

だからこそ、防犯カメラを設置して事前に空き巣への対策をしておきましょう。お客様から預かったお荷物を紛失してしまうトラブルも合わせて防げます。

 

【小売店】万引き対策

防犯カメラの役割として、最もイメージしやすい、万引き対策。アパレルショップは試着室の前に防犯カメラを設置する、書店は棚の間でも死角を作らないような位置に設置することを意識しましょう。

 

設置して終わりではない!防犯カメラ設置のポイントって?

防犯カメラは設置するだけで完全にトラブルを回避できるものでもありません。それどころか、逆にプライバシーの侵害としてトラブルを引き起こしてしまう可能性も無視できないのです。

以前は防犯カメラに記録されていた映像から、万引きを行ったとされる人物の写真を公開した店舗が大きな批判を受けていました。これは名誉棄損罪にあたる可能性があるほか、損害賠償を請求されるかもしれない行為。本来ならば証拠を警察に提出するのが望ましいのです。

また、飲食店に防犯カメラを設置する場合、傍目からもわかりやすい防犯カメラを設置すると「見られている」という印象を与えてしまい、お客様がリラックスできません。目立たないタイプのものを選ぶようにするなど、お客様への配慮も忘れないようにしましょう。

 

ボックス、ドーム……防犯カメラは形状も目的も異なる

防犯カメラには主にボックス型とドーム型という2つの形状に分かれます。

ボックス型はその名の通り、箱のような形状をしたタイプのもの。一定の位置を記録し続けることが多いため、店舗の入り口など、監視したい方向が決まっている際にはこのボックス型が適しています。また、威圧感があるため、犯罪抑止効果が強い種類ともいわれています。

一方でドーム型は球体のような形状のもの。ボックス型と比べサイズも小さいことから目立ちにくく、レンズ部分がスモークになっているため、威圧感を与えません。この特性をもとに、店舗内やマンションのエントランスなどに設置されることが多くあります。

防犯カメラは種類によって、値段もさまざま。地方自治体により、防犯カメラの設置費用が負担される取り組みを行っているケースもあるため、一度確認してみても良いでしょう。

 

あるとないとでは大違い!防犯カメラを設置してより良い店舗作りをしよう

万引きや金銭授受トラブルは、発生する前から対策を行うことが重要です。防犯カメラの設置もその対策のひとつ。自分の店舗のセキュリティを高めるためにも、今一度防犯カメラの設置を検討してみてはいかがでしょうか。

 

小売店経営の皆様へ まだ有線放送なんですか?
Pocket

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です