働く女子に人気急上昇中!憧れの「アイリスト」になってマツエクサロンを開業しよう!

アイリスト」という職業を聞いたことがあるでしょうか。アイリストは、女性の間で人気急上昇中の「まつ毛エクステ」の施術を行う人のことを意味します。

ネイリストやエステティシャン、美容師などと並んで注目されはじめている「アイリスト」。需要が増えつつあり、独立もしやすい職業のため、「アイリストになりたい!」と思う人が増えているのではないでしょうか。

今回は、美容関係の職業の中でも今注目しておきたい、「アイリスト」として店舗開業をするためのノウハウを紹介します。

アイリストには美容師免許が必要!

アイリスト

アイリストになるために必要な資格は、国家資格でもある美容師免許です。これは、まつ毛に関するケアを行うときに、肌や薬剤に関する知識が必要であり、お客様が安心して施術を受けることができるように定められています。

しかし、多くの美容専門学校ではヘアメイクの勉強が中心となるため、まつ毛専門の知識をさらに勉強する必要があります。多くの人は、サロンに就職後、先輩アイリストの指導を受けたり、店舗の研修を受けたりして、技術を身につけていくことが多いのだそう。

また、民間の講座やスクールに通い、さらに技術力を高めようとしているアイリストもいるそうです。

アイリスト向けの資格には、他にも次のような種類の民間資格があります。

・日本まつげエクステンション協会「JLA技能検定」
・日本アイリスト協会「JEAアイリスト技能検定」
・日本まつげ美容協会JEBA「アイラッシュリスト技能検定」
・JWA日本ウィングエクステンション協会「レベルチェックテスト」

「JLA技能検定」が最も受験者が多く、この1級を持っていれば大抵のサロンで通用する、と言われている資格です。

「まつ毛エクステ」はどのように練習する?

アイリスト

研修やスクールレッスンの場合、最初はまつ毛パーマの練習からはじめ、徐々にエクステをつける練習をしていきます。

人のまつ毛は練習用のものと違い、人によってさまざまな生え方や癖がついているため、はじめから完璧に施術をすることは非常に困難です。

アイリストの人たちは、スタッフ同士で練習をしたり、家族や友人に協力してもらいながら練習を重ね、技術を身につけていきます。

アイリストとして独立するためには?

アイリストとして独立・開業するとき、必ず必要となるのが次の設備です。

・まつ毛エクステに必要な商材
(ツイーザー、エクステ、グル―(接着剤)、テープ、リムーバー、その他消耗品・衛生管理用品)
・施術用のベッド
・鏡
・デスク、椅子
・その他照明、音響、インテリアなど

まつ毛エクステに必要な商材は原価が安く、高価な機材も必要ないため、少ない初期投資ではじめることができます。

また、新たに店舗をオープンするのでなく、自宅の一室を利用したり、レンタルスペースなど「面貸し」で営業場所を借りて開業すれば、さらに費用を抑えることができます。

まだまだ需要が高まりそうなアイリストは狙い目の職業!?

すでに飽和状態にある美容師やネイリストと比べ、アイリストはまだまだ発展途上の職業。需要はどんどん増えてきているため、美容関係の職の中では就職も独立もしやすいのではないでしょうか。

「美容関係の店舗をオープンしたい!」と思っている方は、まつ毛エクステの勉強も検討してみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です