OMISE Lab > 空間演出 >

【著作権違反になるその前に】店舗で映像を流す場合の注意点。

shadow
Pocket

ワールドカップなど大きなスポーツイベントに向け、「店舗で中継を放映することで集客したい」と考えたことはありませんか?

最近では大型スクリーンでスポーツ観戦をするお客様に対し、食事や飲み物を提供するスポーツバーも増加していますが、実はテレビ放送を不特定多数の方が出入りする店舗において流すのは、場合によって著作権の侵害となる可能性があります。

そして店舗の雰囲気に合った映画をDVDで流すこともまた、著作権の侵害にあたります。このような形で著作権を侵害していたことを、警告についての書面が届いて初めて知った……ということも珍しいものではありません。

今回は店舗で流す映像と著作権の関係について、ケース別に解説します。

小売店経営の皆様へ お店の雰囲気って内装だけだと思っていませんか?

 

これって著作権侵害?ケース別、店舗で流す映像の注意点

「著作権」とは映画やテレビ番組を録画する権利である複製権、著作物を不特定多数の人に見せる権利である上映権などといった複数の権利の総称です。

店舗によっては、テレビ放映、DVD上映などさまざまな形で映像を流しているケースが見られますが、こういった行為が著作権のいずれかを侵害している可能性は決して無いと言えません。では、それぞれどんな点が問題となるのか、流したい場合はどのように許可を得るべきなのかを見ていきましょう。

ケース1:テレビを放映する。

規模を問わず、テレビを設置している店舗は多くあります。テレビそのものを目的に来店するお客様は多くないかもしれませんが、放映していればついつい観てしまうもの。

このように店舗にテレビを設置し、放送されている番組をリアルタイムでそのまま流すことは著作権侵害にあたりません。著作権法38条3項にもある通り、家庭用のテレビを使えば店舗でも放映することができるのです。

また、この場合、「営利を目的としない」点もポイントです。

放送され、又は有線放送される著作物(放送される著作物が自動公衆送信される場合の当該著作物を含む。)は、営利を目的とせず、かつ、聴衆又は観衆から料金を受けない場合には、受信装置を用いて公に伝達することができる。通常の家庭用受信装置を用いてする場合も、同様とする。
(著作権法38条3項)

テレビの鑑賞料を直接お客様から徴収せず、家庭用のテレビを使えば、店舗でも問題なくテレビを放映できるのです。

 

ケース2:DVDを上映する

条件を満たせば店舗でもテレビの放映ができることは解説しましたが、あくまでもこれはリアルタイムで放送されているものに限ります。何かしらの番組を録画したDVDを流そうとする場合は複製権の侵害となります。

普段、私たちが番組を録画して後から観るのは私的利用のための複製にあたります。この場合は問題となりませんが、店舗など不特定多数の人が出入りする場で流すのは私的利用の範囲を大きく超えています。

また、販売されているDVDを無断で上映するのも上映権の侵害となります。「DVDを買ったのだから、どこで上映しても問題ないのでは?」と考える方もいるかもしれません。ただ、DVDを購入したとしても、その人が得たのはDVDに収録されている映像の著作権ではないのです。

それでもDVDを店舗で流したい……という方は「業務用DVD」を使用しましょう。これは作品の著作権を持つ映画会社から許諾を得ているものであるため、店舗などでも問題なく流すことができます。取り扱っている企業は店舗の雰囲気などに合わせて作品を相談してくれるため、活用してみましょう。

 

ケース3:パブリックビューイング

大きなスポーツの試合のテレビ中継がある日、「みんなで日本代表を応援しましょう!当店なら大きなスクリーンで鑑賞できます!」と宣伝する店舗が目立ちます。しかしこれは著作権法上、問題になる可能性があります。

実際にワールドカップの南アフリカ大会が開催されていた時、山梨県のホテルが300インチの大型モニターでパブリックビューイングを行おうとしたことが問題となりました。

もともと、パブリックビューイングで上映するスポーツは、著作権法の「映画著作物」に該当すると考えられています。視聴覚的な形で映像化されたスポーツ中継も著作物であり、たとえばワールドカップの映像はFIFAが著作権を有しているということになります。そのため、FIFAから許諾を得ていなかったホテルはFIFAからパブリックビューイングの中止を求められました。

この事例において、問題となった点はふたつあります。ひとつは300インチという大きなスクリーンでパブリックビューイングを行おうとした点です。

先述の通り、店舗でも家庭用のテレビであればテレビ放映は可能です。最近では家庭用テレビにも大型のものやホームシアター設備があるため、こういった機材を使うことは特に問題ありません。しかし、家庭用ではない大きなスクリーンを使ってテレビの放送を流すのは著作権違反となります。

度々、出場選手の母校や地元では大きなスクリーンでたくさんの人が試合を観戦する様子が見られますが、こちらは「非営利」のものとして見られています。しかし、その場で応援したい人から料金を徴収したり、観戦する人に対して何かしらのものを販売するのは「営利目的」とされ、著作権の侵害にあたります。このホテルは2,500円の飲み放題プランをもとに集客を見込んでいた点が問題になるのです。

もしも店舗でパブリックビューイングを行いたい場合は、権利を所有している窓口に問い合わせてみましょう。

 

ルールを踏まえたうえで、映像を流そう。

雰囲気作りのためにDVDを上映したり、お客様を退屈させてしまわないようテレビを放映している店舗は多くあります。しかし、その行動にも明確な決まりは存在しています。

これらを踏まえたうえで、著作権に触れることなく映像を流すよう注意しましょう。

エステサロン経営の皆様へ お店の雰囲気って内装だけだと思っていませんか?
Pocket

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です