【飲食店経営者必見!】“FLコスト”を意識して自店の売上を上げよう

飲食店を経営しているものの、売り上げやコスト管理を苦手に感じている方は少なくないはず。しかし、「お客様はたくさん来ているのに、なかなか利益が出ない」と感じているのなら、“FLコスト”を意識しなければいけません。

FLコストとは、飲食店の経営で最も重視すべき経営指標のこと。行き当たりばったりの経営では、長く愛されるお店作りどころか「気がついたら、経営が火の車だった……」なんて失敗に陥ることでしょう。

今回は日々の数値管理し、店舗経営の指標として役立てるための“FLコスト”を解説します。店舗の経営を始めて間もない方も、知識に不安がある方も必見です。

 

飲食店経営の皆様へ まだCDなんですか?

FLコストとは?

FLコストとは、Food and Labor cost。材料費(Food)と人件費(Labor)の合計を出した数値です。

飲食店を経営する際、特に支出が多い経費といえば、材料費と人件費。飲食店を経営する以上、これらの経費をゼロにすることはできませんが、いかに低くするかが大切になってきます。

そして、売上高に対して、材料費と人件費がどれだけかかっているのかを計算したのが「FL比率」になります。

高級店やチェーン店など、店舗の業態で状況は変わりますが、FL比率の平均値は55%〜65%ほどだそう。もし、あなたのお店のFL比率が50%以下なら、食材費と人件費ともに無駄なく、利益を大きく上げられていると言えるでしょう。

逆に、FL比率の数値が65%を超えている場合は、利益率がかなり低い証拠。このままでは経営が破綻する可能性もあるため、一刻も早く改善策を考える必要があります。

 

家賃(Rent)を加えた、FLR比率も

また、FLコストにR=Rent(家賃)も加えた、FLR比率もあります。一般的に、FLR比率の平均値は70%程度。FL比率が60%だとして、家賃は10%程度に収めるのが理想です。

 

コストは工夫次第で下げられる!

材料費や人件費、そして家賃……。当たり前ですが、飲食店の経営にはさまざまなコストがかかります。

ここでは、無理なくコストを抑えられるポイントをご紹介。少しでもコストを抑え、利益率を高められるように努力していきましょう。

スタッフの育成に力を入れる

一般的に理想とする人件費の比率は、約20%。

もちろん、人件費を下げるようとして、単純に人を減らせばいいというわけではありません。ただ、いずれは少ない人員でも十分にお店を回していけるよう、各スタッフのスキルを磨くのは人件費の削減だけでなく、お客様へのサービス向上にも繋がります。

短期的にできるものではありませんが、意識してスタッフの育成やマネジメントに力を注いでいきましょう。

 

▼ スタッフ育成の際に読んでおきたいおすすめ記事はこちら

スターバックスの従業員満足度が高い理由は?スタッフの育成方針を探る。

意外と知らない電話対応の基本。ていねいな対応でお客様に好印象を与えよう。

「クッション言葉」を自然に用いて気持ちの良い接客を!

こんな接客していませんか?知って直そう!接客マナーのNGポイント

店舗BGMの費用を抑える

最近ではさまざまな店舗BGMサービスが存在するので、自分にあったものを選んでみましょう。もちろん、店舗BGMサービスで配信されている音楽はJASRACに著作権使用料を支払っているもののみ。安心して使うことができます。

「バレなきゃ大丈夫!」、「わざわざBGMのためにそんな大金支払わなきゃいけないの?」と、JASRACに申請をせず音楽を流すのはとても危険です。もし、著作権を侵害していることが明るみになった場合、10年以下の懲役、1千万円以下の罰金の支払いが求められます。

 

▼ 店舗BGMの著作権についてもっと知りたい方におすすめの記事はこちら

店舗がBGMの著作権侵害に問われたら、どんなペナルティが発生するの?

買ったCDもアウトなの!?BGMで著作権料を払いたくない店舗経営者のための裏技

 

食料廃棄を最小限にする

急な予約キャンセルで余ってしまった食材や賞味期限切れのもの、形が悪くてお客様に出せないもの……。飲食店を経営していると、毎日たくさんのフードロスが出てきます。

こうしたフードロスは無駄なものである一方で、完全に防ぐことは難しい部分。

そんなフードロスを削減できる上、お金に変えることができる“フードシェアリングサービス”をご存知でしょうか?フードロスになりそうな食材を、お店の近くにいるユーザーに知らせることができ、それを見たユーザーが商品を買う仕組みになっています。

こうした画期的なサービスを味方につけ、自店の無駄を抑えていきましょう。

 

▼ フードシェアリングサービスについてもっと知りたい方におすすめの記事はこちら

ああ、もったいない!毎日の食料廃棄は”フードシェアリングサービス”で解決しよう

 

数字を意識することが、繁盛店への第一歩

さまざまなコストや数字を計算し、見直すことは、手間や労力が必要です。しかし、自店の現状が確認できるのはもちろん、売上げの目標や抑えるべきコストを把握できるというメリットもあります。

売上げを伸ばし、繁盛店の仲間入りをするためにも、今日からFLコストを意識してみませんか?

 

飲食店経営の皆様へ まだCDなんですか?