【保存版】飲食店を経営したい人が押さえておきたいノウハウまとめ

飲食店を経営するとなると、心配事もたくさん出てきますよね。

「経営に失敗したらどうしよう……」
「このやり方で本当にあっているのかな」

そうした不安な気持ちで夜も眠れない……という方も、もしかするといらっしゃるかもしれません。

OMISE Labでは、これまで飲食店経営者に役立つ情報を提供してきました。この記事では、過去に公開した記事を振り返りながら、飲食店を経営したい人が押さえておきたいノウハウをまとめます。これから飲食店を始めようと考えている人の参考になれば幸いです。

 

小売店経営の皆様へ まだ有線放送なんですか?
 

1.まずは経営の地固めを。開業前に知っておきたいノウハウ

まずは「事業計画書」について押さえておこう

まずは開業前にすべきことについて触れていきます。お店を始めようとする人は多いと思いますが、そのフェーズで重要なのは「事業計画書」を作成すること。事業計画書はお客様のニーズを分析し、ライバル店舗とどういった差別化をするかを明確にする上で大切です。また、金融機関や投資先から資金調達をするにあたっても必要となります。

「事業計画書に何を書けば良いのか」については、以下の記事で詳しく説明していますのでご確認下さい。

▼詳しくはこちら
他店と差をつける!店舗オーナー必見の事業計画書の書き方

店舗の利益を把握するための「原価率」を知ろう

原価率とは売上に対する原価の比率のこと。原価率を知ることで、店舗の利益を把握することができるのです。

原価率の計算式やロス高(仕入売値と実際の売上高の差額)、ロス率(ロス高を売上高実績で割った数字をパーセンテージで表したもの)については、以下の記事で詳しく説明していますので参考にしてください。

▼詳しくはこちら
【初心者向け解説】原価率の出し方を1から学ぼう

売上を上げるために在庫回転率を学ぼう

経営者なら誰しも、店舗の売上を上げたいと考えているはずです。しかしながら、在庫や仕入れによって売上が変わる飲食業界。思うように売上が伸びないと悩んでいる人もいるのではないでしょうか? 利益を上げる時に鍵となるのが、「在庫回転率(商品回転率)」です。以下の記事は小売業向けとしてまとめていますが、飲食店経営者も知っておきたい知識がたくさん。「在庫回転率(商品回転率)」の算出方法や、実際の利益をアップする方法について解説します。

▼詳しくはこちら
【小売業の基礎知識】今さら聞けない「在庫回転率」の考え方

飲食店において大切な行動指針である「QSC」を押さえよう

QSCとは、「クオリティ」「サービス」「クリーンネス(清潔さ)」の頭文字を取ったもの。飲食店において特に大切な行動指針であり、末永く愛される店舗をつくる上で必要になります。最近ではこれら3つに加え、V(Value/価値)、A(Atomosphere/雰囲気)という考え方も生まれています。これらの行動指針をしっかり守り、愛されるお店づくりができれば、お客様のリピート率も変わってくるでしょう。

▼詳しくはこちら
飲食業界の常識!今一度、『QSC』をきちんと理解しておこう

トラブル発生に備えて、「店舗保険」に入ろう

地震など予期せぬ自然災害や火災などに備えるためにも、「店舗保険」には入っておきましょう。トラブルが発生してから「あの時、保険に入っていれば……」と後悔しても遅いのです。以下の記事では、なぜ保険に加入する必要があるのか、その理由や具体的な保険の内容について解説しています。

▼詳しくはこちら
備えあれば憂いなし。店舗の保険、大丈夫?

火災リスクにも備えよう

調理中に火を使うことも多い飲食店を経営していると、火災のリスクは切り離せません。万が一火災が起こってしまうと、多大な損害を被ってしまいます。そんないざというときに備えて、開業を検討している人が押さえておきたい「防火管理者」の届け出方法など、防火対策を以下の記事でまとめました。

▼詳しくはこちら
絶対に火災を起こさないために、店舗がするべき防火管理者手続きと防火対策。

保健所による店舗チェックの傾向と対策を知ろう

飲食店を開業する上で必須なのが、保健所による店舗のチェックです。保健所の許可が通らなければ、お店をオープンすることができません。開店日が遅れないようにするためにも、保健所の審査をスケジュール通りにパスしたいものです。以下の記事では、保健所OKをもらうための重要ポイントを紹介します。

▼詳しくはこちら
ここを避けては通れない!保健所OKを出すための11のチェックリスト

自宅での店舗開業を始めたいという方は……

「自宅でお店を始めたい」と考えている人も多いと思います。しかしながら、何から始めたらいいのかわからない……と考える人も多いのでは? 以下の記事では、自宅での店舗開業を始める前に知っておきたい5つのことを紹介します。

▼詳しくはこちら
税金や集客ってどうすればいいの?「自宅での店舗開業」で知っておかなくてはいけない5つのこと

2.勝負はここから!開店後に知っておきたいノウハウ

在庫管理をスマートに行うためには……

在庫管理は、飲食店だけにとどまらず、すべての店舗で必要となる業務。多くのロスが発生してしまうと、それだけ無駄となり、経営を圧迫します。とはいえ、在庫管理に時間が取られてしまうと、提供する商品・サービスの質の低下に繋がりかねません。最近ではパソコンやスマートフォンで簡単に入力できるアプリやサービスが開発されています。そこで在庫管理が簡単にできるアプリ4つを、以下の記事で紹介します。うまく活用し、かかる労力や時間をできるだけ最小限にしていきましょう。

▼詳しくはこちら
無駄なロスはもうやめよう。在庫管理が簡単にできるアプリツール4選

また、在庫管理に便利なエクセルのテンプレートについては、以下の記事を参考にしてみてください。

▼詳しくはこちら
卸売や飲食店の在庫管理、どうしてる?お役立ちのエクセルテンプレートまとめ。

顧客管理を簡単に行うためには……

在庫管理同様に必要なのが、顧客管理です。新規顧客だけでなく常連客も増えている店舗は、共通して顧客管理を徹底しています。ただでさえ流行り廃りの流れがはやい飲食業界。顧客管理をしっかりしておかなければ、すぐに自店舗のお客様が他の店舗に移ってしまうかもしれません。

以下の記事では、顧客管理を徹底することで得られるメリットと、無料で顧客管理が簡単にできるアプリ4選をお送りします。

▼詳しくはこちら
顧客管理で売上アップ!店舗経営者におすすめしたい顧客管理アプリ4選

さらなる売上アップを目指すための「ABC分析」とは?

店舗で提供しているメニューのうち、売れていないメニューはどの程度あるか把握しているでしょうか? 飲食店のメニューの売上を洗い出し、優先すべきメニューを確認する方法を「ABC分析」と呼びます。このABC分析とはどのようなものなのか、以下の記事で詳しく紹介します。

▼詳しくはこちら
ABC分析で、さらなる売り上げアップを目指そう。

重要な経営指標「FLコスト」とは?

「お客様はたくさん来ているのに、なかなか利益が出ない」と感じている店舗経営者の人もいるかもしれません。そこで意識すべきなのがFL(F=food(原価)、L=Labor(人件費))コストです。FLコストとは、飲食店の経営で最も重視すべき経営指標のこと。以下でFLコストについて解説しますので、ぜひ押さえておきましょう。

▼詳しくはこちら
【飲食店経営者必見!】“FLコスト”を意識して自店の売上を上げよう

アルバイトの勤怠管理を簡単にする管理ツールなら

店舗が大きくなると、アルバイトを雇用することになると思います。その際に必要なのがシフト管理。「あまり時間を掛けずに円滑に進められるシフトを作りたい」という方は、オンラインツールを使ってみてはいかがでしょうか? 以下の記事で、勤怠管理ツールを5つ紹介します。

▼詳しくはこちら
シフト作成、どうしてる?アルバイトの勤怠管理はお役立ち管理ツールで済ませよう

基本的な電話応対を押さえよう

電話応対は接客の基本。店舗スタッフ全員に教育を徹底させたいものです。そこで以下の記事では、電話応対の基本をまとめました。「クレーム対応」など、お役立ち情報が満載の記事となっています。

▼詳しくはこちら
意外と知らない電話対応の基本。ていねいな対応でお客様に好印象を与えよう。

接客におけるNGマナーも押さえておこう

接客マナーに関しては、正解はありません。しかしながら、「お客様がなにを不快に感じるか」については、ある程度決まったパターンがあります。それさえ押さえておけば、接客に関して困ることはありません。以下の記事で、接客マナーのNGポイントについて紹介していますので、参考にしてください。

▼詳しくはこちら
こんな接客していませんか?知って直そう!接客マナーのNGポイント

アルバイトの時給の決め方もマスターしよう

アルバイトの時給の決めるのは難しいです。高すぎると人件費がかさみますし、低すぎるとそもそも応募者が集まらないという懸念があります。そこで、時給を決めるときの基本的なポイントや、昇給の方法についてまとめました。詳しくは以下のリンク先よりご確認下さい。

▼詳しくはこちら
ぶっちゃけどうすればいい?意外と知らないアルバイトの時給の決め方

店舗のキャッシュレス化を考えているなら

LINEやdocomo、楽天をはじめとする大手国内企業がキャッシュレス決済サービスの提供を始めています。キャッシュレス決済の導入を検討しようと考えている店舗経営者も多いのではないでしょうか? そこで「スマホ決済のメリット」などをまとめました。

▼詳しくはこちら
コスト削減に店舗集客も。スマホ決済を導入してキャッシュレス化の波に備えよう

知識を押さえて、飲食店経営のリスクを最小限に

以上、飲食店を経営したい人が押さえておきたいポイントをまとめました。

飲食店経営は順調にいかないことのほうが圧倒的に多いもの。しかしながら、上記の内容を知っているだけでも、失敗するリスクを最小限に抑えられるのではないでしょうか。なにか問題が起こったとしても、解決策を知っているかいないかで対応の差がでてきます。これから飲食店を始めようとしている人に、この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

 

ヘアサロン経営の皆様へ お店の雰囲気って内装だけだと思っていませんか?